お願いだ!夏休みで作文嫌いを増やす活動は辞めてくれ!

お願いだ!夏休みで作文嫌いを増やす活動は辞めてくれ!

夏休みが終わったところだと思います。

夏休みに相談が多いのが、

「作文どうしたら書けるようになるのですか?」という質問です。

 

そこで、どんなテーマの作文を書かないといけないのか?

そう質問すると、案外テーマは自由ってケースが多い。

また、読書感想文を書かないといけない…

でも、どうやって書いたらいいのか分からない。

そんな相談もたくさんあります。

 

何でもいいから4枚以上5枚以内で書いて来いだとー(怒)

文を書くにあたりどんな指導があったのか、尋ねてみると、

「何でもいいから、4枚以上書かないといけないんです(涙)」

というケースが多々見られます。

 

何でもいいのであれば、超簡単です。

僕は朝目が覚めてからは息を確実にしています。

それから、トイレにいって、朝食を食べました。

朝食はご飯と味噌汁でした。

それから食器洗いは自分でして…

その日の行動を全部書いたらノルマクリアじゃないか?

こう伝えるわけですが、どうもこれでは良くないらしいです。

 

この話、とってもおかしいと思いませんか?

あなたが、「今日の夕飯何がいい?」と言った時に、

「何でもいいけれど、たくさん食べたい。」と言われ、

大量のご飯を炊き、おかずはお漬物を出すと…。

「えっ?これだけ?嫌やわ~」と言われるようなものです。

中には、

「舐めてんのかーーー!」と怒る方もいらっしゃるかもしれません。

 

「何でもいいって言ったじゃないか?」

あなたはきっとそう感じるのではないでしょうか。

 

夕飯を作るのは大抵大人ですから、

少なくともあと1~2品あるのが普通でしょ。

そんな風に思う方もいるかもしれませんが、

子どもは「普通」を学ぶ段階にいるのです。

「何でもいいから書いて来い」と言いながら、

内容によって良し悪しを判断するのは大間違いなのです。

 

 

物書きのプロとしてここは強く言いたい。

私はこうして文章を書くのが大好きです。

楽しくして仕方ありません。

それが講じてか、最近はたくさんの会社から、

「宣伝用の文章を書いて欲しい」といった依頼があります。

なぜ、私は楽しく文章を書いて、それが仕事にもなっているにも関わらず、

子ども達は、夏休みの作文や読書感想文を書くことに四苦八苦し、

中には親御さんがこの宿題のために時間をかなり取られる。

そんな声も聞こえてきます。

 

この違いは一体どこにあるのでしょう。

 

 

何のために誰に向かって書くのか…それくらいは伝えてくれ!!

例えば、この記事は、学校の先生に向けて書いています。

偉そうに書いているのですが、私も学校の先生であったために、

当時の反省も含めて書いているわけです。

 

目的は、文章を書くってとても楽しいことだから、

少なくとも、この楽しさを子ども達から奪わないでほしい。

そんな事を思いながら書いているわけですから、

誰かに書きなさいと言われなくても書いていますし、

今、こうして書いている時間も楽しいのです。

 

ここで、改めて学校の先生方に質問したい!

 

何のために夏休みの作文や読書感想文があるのですか?

文章を書くことに慣れるためでしょうか?

苦痛に耐えてでも、「やりなさい」と言ったことをやる根性をつけるためでしょうか?

いやいや、

「自己表現をする練習の場ですよ」という風にも考えられますが、

教師をしている時から、私はこの変な宿題の意図が分かりませんでした。

 

自己表現ってどんな時にしたくなるのか?

何か心が動いた時にしたくなるのです。

ただ、それだけです。

このもっとも本質的に重要な部分をすっ飛ばして、

「夏休み明けに提出しなさい」とするから、

何も面白くありません。

もともと作文が嫌いな子どもは苦痛でしかないのです。

 

 

もともと、私は全く文章なんて書けませんでした。

夏休みの最後の日、

午前中に机の前に座り、名前を書く。

時間は刻々とすぎて…昼食の時間になる。

書いた文字は、「書くことがない」

今振り返るとそりゃ、そうです。

誰に向かって書くのか、

何のために向かって書くのか分からないからです。

 

ところが、学生時代に何気にバイトに行った先が、

雑誌の編集プロダクション。

面接に行って初めて仕事内容を知りました。

当然、「文章を書くのは大の苦手で…」なんて言えません。

「子どもの頃から作文は大好きでしたから大丈夫です。」と、

大嘘をついて、採用させていただいたのです。

 

でも、このアルバイト先で文章を書くことは、

とても楽しいものでした。

だって、目的が超明確ですから。

ホテルの紹介文を書くのであれば、

読者がホテルに泊まりたいって思うようなアプローチをすればいいのです。

大嘘つきで文章を書くという仕事に関わったわけですが、

最終的には、楽しく文章を書かせてもらい、

お金までいただいた上に、

自分の書いた文章が本となって全国の書店に並ぶのは嬉しかったものです。

 

 

文章を書くのが苦手なんて人は一人も存在しません。

だって、生きている人が全員が、

日々、何かを感じ、友達とおしゃべりをしています。

つまり、何か表現したいものをもっているのです。

それを、学校によって不適切な型にはめられ、

その型に納得できなかった人が、

自分で文章を書くのが苦手って思っているにすぎないのです。

 

もちろん、文章の構成上、

上手な構成の仕方、適切な接続詞の使い方というものもありますが、

そんなことは、後で確認すればいいのです。

あなたが伝えたいことを、

伝えたい相手を決めて表現していけば、

それだけでも魅力のある文章というものに変わるのです。

 

 

文章を書くのが面白い!という人で溢れ返してやりたいのです。

元教師であって現在はプロの物書きである私の野望は…

作文教育への反撃であります。

あなたの身の周りの子ども達は、文章を書くことが好きでしょうか?

 

自己表現が重要だとか、コミュニケーション能力が重要だとか…

教育関係者はもっともらしく話されますが、

結果は、全然出ていないということです。

 

学校とは異なる場で文章のことを学び、

今はありがたいことに文章を書くことが仕事にもなっている私が、

学校教育とは全く違ったアプローチで、

文章を書く楽しさを伝え、

文章を書くのが楽しいと思える人であふれ返してやろう。

そんな、野望をもっているのです。

 

 

楽しく文章が書けるというのはどういうことなのか?

たくさん文章を書けば書くほど、

思考を整理する習慣が手に入るということです。

こんなことを伝えたいと思った時にも、

自分の中でサッと全体構成ができる。

でも、もっとも伝えたい部分はきちんと伝えることができる。

これが、本当のコミュニケーション能力ではないでしょうか。

そんな感覚を感じて欲しいと思い、

セミナーをいくつか考えております。

 

ただ、こうすればいい文章が書けますよ。

というノウハウをお伝えるセミナーではありません。

方法論だけが知りたいという方は、

書店で1000円程度の本を買えば十分です。

セミナーに参加するまでもありません。

 

このセミナーでは、

自分の気持ちや人の気持ちを考えることも超重視していきます。

そんなことも踏まえながら、

文章を書くということが心から楽しめるようになりたい。

いろんな仕事にも活かしていけるようになりたい。

そう思われる方は、セミナーにご参加ください。

 

この日1日学びの嵐!

あなたの人生にブレイクスルーを起こせ!

私と同じように、

入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ続けた方々が同時に登壇!

記事を書いている人

渋谷 浩一郎
渋谷 浩一郎地味にコツコツ事業を伸ばす物書き屋
理想の実現、事業を伸ばすのに重要なものは「想い」 Webの活用でも、何を発信するかが重要。 あなたの想いを引き出し、目に見える形にするのが得意。 ビジネスを伸ばすセッションは、ヤバい!が連呼される。 現在、建築メーカー冊子の連載・WordPressで想いを伝えよう!グループを運営する他、朝6時から生徒と一緒に勉強をするなど独創的な取り組みを行っている。