素朴な物語の読書会

 

もう少し時間があって、お金にも余裕があって、

人間関係に恵まれていたならば、どんなにハッピーなんだろう!

だから、

節約本を読み、ビジネスを学び、

コミュニケーションを学び、

自己啓発をする!

 

今日はそんなあなたに、

物語を楽しく読むだけで、

めちゃハッピーになるという

話をお伝えしましょう!

もう決めた!読書会に参加する

参加費 500円

場 所 楽読京都四条烏丸

参加希望の日を選択してください(複数可)
※なお4月10日は喜多川作品限定ではありません。

 

私には時間がない!今さら物語なんて読んでいる暇はない!

特に大人になると、周りには難しそうな本を読んでいる人がたくさんいて、

本を読む人が偉いぞ!みたいな雰囲気もちょっと漂ってたりするしね…。

だから、僕は本なんて読むのが大嫌い。

知りたいことがあれば、ググって必要なところだけ読めば問題解決!!

その方が、絶対に効率的。

わざわざ、本を買ってまで…

わざわざ、何だか知的そうな人が集まる読書会に行ってまで…

物語を読まなくてもいいじゃないか!

ただでさえ、育児にも忙しいし、仕事も忙しいんだから…。

 

誰もが最上の情報をいつでも手に入れられるようになって…

確かに今の時代、ググってしまえば、

最上の情報を手に入れることができるようになりました。

有名事業家がちょっとつぶやいたことも即座に見ることができます。

海外で今何が盛り上がっているか?そんな事も即座に知ることができます。

子育てのヒントだって

ちょっとした副業の方法だって誰もが自由に手に入れることができるようになったけれど…

 

あなたの周りにいる多くの人はハッピーで大満足に生きているでしょうか?

ちょっとしたことに腹を立てることなく穏やかな社会になったでしょうか?

 

幸せな毎日を送れる人と不幸な毎日を送る人とを分かつ、たった一つのこと!

「幸せな毎日を送る」ために必要なことは、なんでしょうか?

お金が山盛りあることでしょうか?

それとも、時間? 一切、トラブルが起きない人間関係?

もちろん、これらも「幸せな毎日を送る」ための条件かもしれません。

でも、それは、「幸せな毎日を送る」ためのほんの些細な部分にしか過ぎません。

そんなものが些細な部分にしか過ぎないと言い切れる証拠は、

これら全てが手に入った生活を想像すれば、簡単にわかることです。

 

好きな時間まで寝て、友達と一緒にホテルでランチを食べる。

その後は、ゆっくりと値札を見ずにショッピング。

夕方からはまた別の友人とホテルのラウンジで一杯呑む…。

 

時間もお金も仲間も満たされた生活。

果たして、あなたはこんな毎日に幸せを感じることができるでしょうか?

 

あっ!誰もが尊敬するような地位や名誉があれがいいのでしょうか?

ところが、そうでもなさそうです。

周りの人の多くがいくら「凄いね!」と言っても、不安そうな人もいます。

安定した収入が得られる学校の先生だって、

いつもイライラしている先生もいれば、上機嫌な先生だっているのだから…。

誰かに認められることも大切かもしれないけれど、どうもそれだけじゃなさそう…。

 

じゃあ、一体、何が整えば幸せを感じることができるのか?

お金、時間、仲間、地位…だけではない。

もしかしたら、すでに答えに気づいている人もいるかもしれませんが、

答えを言えば、当たり前過ぎて意外に思われるかもしれません。

でも、人という動物は、どの時代であっても「幸せ」を願ってきたのですから、

「幸せになるコツ」のようなものは長年に渡って研究され続けています。

 

宗教も哲学も心理学も…

そして、大ヒットした「嫌われる勇気」だって、

長年の研究の成果を現代人にわかりやすく表現されたものなのです。

 

幸せ・HAPPYというのは、感情。

つまり、お金がたくさんあっても、なくても、

心の底から「幸せだなぁ」と感じられる心があれば、

あなたは今すぐに幸せになれるのです。

 

そんな事、分かっているよ!? そう!あなたはちゃんと分かっている!

もしかしたら、あなたもそう思ったのかもしれません。

「分かっているよ!」が本当ならあなたは最高に幸せな状態のはずです。

そんな事を知っているにも関わらず、

幸せに生きるためのヒントとなる本が次々と発売されているのはどうしてなのでしょうか?

 

頭や理屈では、分かっているけれど…

どうも腑に落ちない…

 

どこかにそんな感覚があるはずなのです。

水泳の仕方だって、サッカーのドリブルだって、ピアノの弾き方だって…

本を読み、教則動画を見れば方法は分かるけれども、

それだけでは、泳げるようにはならないというのと似た感覚なのです。

 

だから心が思い切り動くという体験をする事が重要なのです。

「幸せに生きる」をテーマにした本には、主に次のような事が書かれています。

  • 自分の価値を高めることの重要性
  • 一つの現象に対して様々な解釈ができること
  • 無意識(潜在意識)が人生を変える…などなど

 

では、自分の価値を高めましょう!と言われて価値が高められるのか?

こんな疑問が出てくるわけです。

仮に友達に「あなたは凄いね!」とたくさん言われても「私には凄い価値がある!なんてなかなか思えないよ」って方もいるでしょう。

理屈では分かっていながらも、なかなか理屈通りにはならない…

だから、ストーリーに自分を重ねながら心を震わせていくことが大切なのです。

物語には、実際に体験していないことも体験したかのように感じ、

読んでいる間に湧いた感情が、どんどん心に染み込んでいくという不思議な力があるのです。

もしかしたら、

小さな子どもが戦隊もののテレビ番組を見た後に、

強くなったような気になっているのと同じような現象なのかもしれません。

 

だから、あなたがもし、

幸せに生きたい!と思うのであれば、

何千年という人類の歴史の中で

追求されてきた英知

ストーリーと共に心で感じるべきなのです。

 

もう決めた!読書会に参加する

参加費 500円

場 所 楽読京都四条烏丸

参加希望の日を選択してください(複数可)
※なお4月10日は喜多川作品限定ではありません。

だから、私たちは喜多川泰作品の読書会を行うのです。

心理学・マインドセットなどに関するセミナーは山ほど行われています。

これまで、様々なセミナーに参加してきましたが、どれも優れた理論で納得させられるものばかりでした。

それらはそれでとても有益だったのですが、

ここまでに書いてきたように、「頭では分かる」という感覚でした。

 

そんな時に作家の喜多川泰さんの作品に出会ったのです。

彼の作品はまさに心理学。

けれども、全く学問という気配すらなく、ストーリーにのみ込まれていくのです。

「意識を少し変えるだけでも、生活は激変する」なんていう発想もストーリーがあるからこそ心の底から感じることができ、心に染み入るような感覚が得られたのです。

実際、彼は様々な作品を発表していますが、全てが物語。

ビジネス書のように書けば数ページで書ける内容かもしれないが、

ストーリーがあるからこそ、心に響く作品になる。

だから伝えたいメッセージは物語にする。

こんなことも話されていました。

 

今、時代はとてもスピーディーに流れています。

ふと疑問に思ったことがあれば、スマホでググってしまえば解決できる時代となりました。

美味しいランチを食べたいと思えば、検索すればすぐに希望のお店が見つかるようになりました。

コミュニケーションだって、どうすれば初対面の人と仲良くできるのか?

そんな方法が書かれた本やサイトは山盛りあります。

とても便利な時代…

けれど、それとは引き換えに私たちが失いつつあるものがあります。

 

それが…心の動き。

ランチを食べたいと思っても道がよくわからない街にきている。

とにかくガムシャラに歩いて見たけれど、素敵なお店が見つからない。

けれど、通りすがりのおじさんがオススメのお店を教えてくれた。

このお店のランチが美味しければ、あなたはどう感じるでしょうか。

通りすがりのおじさんと出会えたことに喜び、お店の人に感謝するのではないでしょうか。

 

こうしたちょっとした心の動きを今の時代だからこそ大切にしたいのです。

一見、無駄に見えるような行動の中にも幸せは隠れている…。

ビジネス書と比較しても物語は長くなりがちで一見、無駄に見えるかもしれないけれど、

この無駄に見える部分を私たち大人が時には大切にする瞬間があってもいいはずなのです。

 

大人が心から幸せを感じられる社会を作ることが子どもへの最高の資産!

今の時代、大人も子どももとても忙しい。

勉強だって教科書はどんどん分厚くなり、効率的にたくさんの事を学ぶことが求められるようになりました。

それも時には必要なことかもしれません。

 

でも、トマトが嫌いな子どもに

何度もトマトの栄養素の素晴らしさを語ってもトマトが好きにならないのです。

それよりも、

子どもと一緒に一手間かけてトマトを育て、

そのトマトでトマトソースでも作り、

ちょっとへんてこな味のするパスタにでも仕上げた方が、トマト好きになる可能性が高いのです。

 

この無駄に見える一手間…

あなたは最近そんな時間の使い方をしたでしょうか。

忙しくしている方ほど、この無駄な時間の心地よさを取り戻して欲しいのです。

この無駄に見える時間の素晴らしさを心で感じ、

一緒に共有できる仲間に恵まれた時に、あなたはモノで得られる幸福感とは一味違った感情が得られるはずなのです。

 

それが、あなたの幸せの種となることをお約束します。

そして、このちょっとした無駄な時間の心地よさを知った大人は、子どもの無駄な行動をどう見るでしょうか?

 

子どもの無駄ももっと大事にしたい社会でありたい。

だって、子どもの可能性はもっともっと壮大でいいはずなのだから。

そんな気持ちを込めて、僕たちは喜多川作品限定の読書会を行っているのです。

 

楽読京都四条烏丸 前田 英志

塾らしくない塾 渋谷浩一郎

 

もう決めた!読書会に参加する

参加費 500円

場 所 楽読京都四条烏丸

参加希望の日を選択してください(複数可)
※なお4月10日は喜多川作品限定ではありません。

Copyright© 子育て大変ですか? , 2018 All Rights Reserved.