夏は暑いからなぁ…ドライアイスを食べよう!




マジか?ドライアイスなんか食べれるか!!!

ガッツリ叱られそうな気がしている

科学キッズの渋谷浩一郎です。

 

今回は、科学キッズから

飲食店やパーティーなどのイベント会社の方々へ

スペシャルなメッセージがあります。

(大真面目な話です)

 

超お洒落!話題独占メニューの予告です。

ぜひ、最後までお読みください。

前回の科学キッズの終わりに、

ドライアイスを食べる予告をしました。

 

子どもの反応は面白い。

えぇーーーー!

そんなこと言われたら笑顔が無くなっちゃうよ。

 

えっ?なんで?

アイスクリームより冷たそうでいいやん。

 

こんな遊びの様なトークから、

高学年から中学生が勉強する

二酸化炭素の性質(重さ)昇華いう言葉

そして、低温やけどとは?に迫りたいと思います。

 

 

そもそもドライアイスは食べられるのか?

 

こんな事を子どもを捕まえて、

人体実験なんかすると、新聞沙汰です。

ドライアイスを取り出して、

舐めろ!なんてことはもちろん言いません。

 

だれもが、

ドライアイスは直接触ると低温やけどをする危険なものと

知っているはずです。

 

でも、この季節子どもはドライアイスが大好き。

生協さんの宅配食品とともに入っているドライアイスも

子どもにとっては、遊び道具。

あの涼しげな煙()のようなものを集めて、

玉手箱のようにして遊ぶ子どももいます。

 

そんなに楽しいものなら、

ドライアイスが食べられるのか?

というお題を出して、その正体に迫るというのが

今回の趣旨であります。

 

大人のあなたは、ドライアイスの正体を知っていると思います。

そう、二酸化炭素であります。

ですから、食べても問題はありません。

(食べ方に注意する必要はありますが)

そういわれると確かにそうだけど…

 

理屈はそうであっても、どうも怖い。

氷は舐めることができても、

ドライアイスの扱いには、

「低温やけど」という大きな壁があります。

一体、低温やけどとはどういう事が起きるのでしょう。

 

さて、この辺りになると、

大人も説明ができないという人が増えてきそうです。

ここも子ども達と予想して、観察していきましょう。



 

ドライアイスは氷とどう違うんだ?

ドライアイスのあの煙のようなものは何だ?

これもクリアしないと、絶対に食べられません。

(子どもは二酸化炭素だと知らないと思います)

 

だったら、氷とドライアイスを比較すればいいのです。

改めて、何が違うのか?という視点で、観察すれば、

ドライアイスの特徴は見えてくるでしょう。

 

ドライアイスを放置しておいても、

会場のPecheさんの店内に、ゴミのようにドライアイスをぶちまけても…

時間が経てば跡形もなく消える。

 

こんなことを存分にやれば、

少なくともドライアイスは気体だったってことは、

子ども達も気づくことでしょう。

 

と、いうことで、

Pecheさんの店内に

ドライアイスをぶちまけてしまいましょう。

(笑ってみててくれると信じています)

そして、あの煙のような物は必ず下に溜まる

ここは重要です。

普段、見ることができない気体にも

重さがあるってことを体感する最高のチャンスです。

 

中学校で、気体を集める3つの方法ってやつを学習します

水上置換・上方置換・下方置換ってヤツ。

(おぉーー懐かしいって方もいるかもしれません)

 

で、塾なんかでは、

アンモニアは水に溶けやすいから、

水上置換はできない。

上方置換と覚えておきましょう。

なんてなるわけです。

 

気体の種類によって重さがある

なんて感じたことがない子は、もう暗記するしかありません。

本当は身近なところにヒントはたくさんあるのに…。

 

ドライアイスの気体は、

高いところからも下に落ちるのか?

そんなことも試してみたいなぁと思っています。

 

 

低温やけどの意味と注意点、そして正体は二酸化炭素と分かれば食べられる?

じっさいに、かなりお洒落な感じで食べようと思います。

保護者の方もいらっしゃれば、

食べていただこうじゃないか!

 

そして、密かな野望!ドライアイス料理。

夏の暑い日なんかホテルのバーで出せば、

多分売れる。ちょっとした話題性もある。

どっかのお店が採用してくれたら、

科学キッズのメンバーはスター!!!

 

おもしろく勉強して、

社会貢献もできて…

まさに、学ぶって面白いやんか!

って感じられる機会だなぁと思います。

 

と、いうことで、

ドライアイス料理って何だ?

町の話題を独占!なんていう野望のある飲食店の方の

見学も歓迎いたします!!

 

そんな方はぜひ、下の問い合わせ欄より、

あついメッセージをください。

 

そして、キッズのメンバーは

笑顔が無くなっちゃうことを覚悟して参加してくださいね。

 

科学キッズに関心のある方はお気軽にメッセージを

実際、どんなことをしているのか?

うちの子どもには、こんな体験がさせてみたいけれど・・・

いろいろと思われることはあると思います。

お気軽に、下記のフォームよりメッセージをお送りください。

主に京都符亀岡市で活動は行っておりますが、

他府県からご参加してくださっている方もいらっしゃいます。

遠方の方もご遠慮なく、お気軽にメッセージをください。




記事を書いている人

渋谷 浩一郎
渋谷 浩一郎地味にコツコツ事業を伸ばす物書き屋
理想の実現、事業を伸ばすのに重要なものは「想い」
Webの活用でも、何を発信するかが重要。
あなたの想いを引き出し、目に見える形にするのが得意。
ビジネスを伸ばすセッションは、ヤバい!が連呼される。
現在、建築メーカー冊子の連載・WordPressで想いを伝えよう!グループを運営する他、朝6時から生徒と一緒に勉強をするなど独創的な取り組みを行っている。