なんで冷蔵庫に入れていないのに冷えピタは冷たいんだ?




科学キッズの渋谷浩一郎です。

冷蔵庫に入れていないのに冷えピタ冷んやり感がある。

なぜか濡らすだけで、冷んやり感が出るタオルがある。

その秘密が分かれば、

夏だって、快適に過ごせるのではないか?

 

ということで、その秘密に迫って見ることにしました。

今日は「吸水高分子」に触れながら、

冷んやりグッズの仕組みを覗くことにしました。

 

冷えピタはやっぱり冷たい感じがするのか?

そもそも、冷えピタは発熱した時に使うものです。

熱がある時って、床に額をつけても気持ちいいし、

料理用のボールに額をつけても気持ちいい。

何だって気持ちいいのかもしれません。

 

でも、科学キッズのメンバーは今日も元気。

元気な時に冷えピタを貼っても気持ちいいものか?

 

で、実際に貼り付けて見ると…

やっぱり冷んやり〜。

冷蔵庫から冷えピタを取り出した訳でもないぞ。

なのに、冷んやり? 単純に不思議であります。

秘密は

あのムニュムニュ感? スライム感なのでしょうか?

 

とりあえず、冷えピタを水に漬けておこう!

ということで、実際に水に漬けておきました。

そして、多分冷えピタにも使われていると思われる

吸水高分子が含まれているオムツを解体。

中から細かい白い粒を取り出しました。

吸水高分子は、一体、どれくらい水を吸い込むのだろうか?

取り出した吸水高分子は1gにも満たない程度。

 

まぁ20gの水が吸収できたら凄いでしょ。

それでも、自分の20倍吸い込んだことになる。

 

こんなことを言いながら、水を加えていきます。

20g余裕で吸収…

さらに20gこれも余裕で吸収…

結局、吸収の限界まで20gずつ試していきました。

(はっきり言って凄すぎる能力です)

 

後方の方では、大人も同じ様なことをやって、

おぉぉーーーーーって盛り上がっています。

ついでに着色なんかもして、

またまた、おぉぉーーーーー!

こうしている間に時間が経ち…

 

冷えピタはどうなった?

こりゃ、ブニョブニョやんか!

気持ち悪い〜

なんて言いながらも、結構、好意的じゃないか。

水を吸い込んで、少し膨れ上がっています。

 

と、いうことは、

オムツに使われている吸水高分子と似た様なものが、

冷えピタにも使われているかもしれない!

確かに、冷んやりタオルなんかは、

別名「高分子タオル」なんて呼ばれることもある。

 




 

わかった!冷えピタが冷んやり感がある理由!

 


塩と氷を混ぜると冷えまくる?

こちらの記事を参照してください。

おぉぉ!たった5分でビールはキンキンやないか!


水分をいっぱい含んでいるから冷たい感じがして、

いいところは、ベタベタしないところ。

 

前に氷と塩を入れたらメッチャ温度が下がったやろ。

あれと一緒で、冷えピタに含まれている水分が、

ちょっとずつ蒸発する時に熱を奪う。

塩も氷を溶かす時に熱を奪うから温度が下がったやんか。

砂糖は全然、溶けへんから温度が下がらへんかったし。

なるほど〜。

 

じゃあ、生活の中でこんなの使ったらいいっていうアイディアはある?

なぜ、彼らはこうも反応が早いのか?

驚くばかりですが、ある子はこんな話をしました。

 

家の壁の中に吸水高分子を入れといたらいいやん。

水でべたってした時に、吸い取ってくれるし、

しばらくしたら、乾いていって冷んやりするかもしれへんで。

 

この発想は、大人目線からいえば、まだまだ課題はあります。

断熱材がもの凄い膨張するでしょうし、

健康上に問題はないのか?など

たくさん考える余地はあると思いますが、

実際に、自分の目で見て確かめたことを、

こんなところに使えるのではないか?と考え、

そんな発想が出てきたことがとても嬉しいのです。

 

ただ、やり残したことは?

塩と氷を使った時には、

実際にどの程度冷えるのか温度を測定しました。

では、

水が蒸発していく時、

本当に表面の熱を奪っていくのか?

この日は残念ながら、曇り空のために、

道路でチェックすることができませんでした。

 

次回以降、天候を見ながら、

気化熱についても実際にチェックしてみようと思います。

そして、ついでに、

アスファルト上の空気の温度

土の上の空気の温度も比較しておこうと思います。

 

アスファルトがあることで快適に移動することができますが、

土には土の重要な役割がある。

そんなことも次の世代の子ども達に伝えていきたいです。

 

科学キッズに関心のある方はお気軽にメッセージを

実際、どんなことをしているのか?

うちの子どもには、こんな体験がさせてみたいけれど・・・

いろいろと思われることはあると思います。

お気軽に、下記のフォームよりメッセージをお送りください。

主に京都符亀岡市で活動は行っておりますが、

他府県からご参加してくださっている方もいらっしゃいます。

遠方の方もご遠慮なく、お気軽にメッセージをください。

 

&


記事を書いている人

渋谷 浩一郎
渋谷 浩一郎地味にコツコツ事業を伸ばす物書き屋
理想の実現、事業を伸ばすのに重要なものは「想い」
Webの活用でも、何を発信するかが重要。
あなたの想いを引き出し、目に見える形にするのが得意。
ビジネスを伸ばすセッションは、ヤバい!が連呼される。
現在、建築メーカー冊子の連載・WordPressで想いを伝えよう!グループを運営する他、朝6時から生徒と一緒に勉強をするなど独創的な取り組みを行っている。