子どもも大人も挑戦したらええ!

暑いぜ!だから冷んやり科学キッズは過ごします。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
「気持ちと言葉でビジネスが変わる」という発想を教える人。教諭からビジネスの世界に入り、ツールや方法をメインにするな!と強く感じる。気持ちが変われば言葉が変わるからだ。【愛するもの】WPで想いを発信しているグループのメンバー・自作のベーコン・懇親会




何だ?今年は梅雨がないのか?

まぁ、子どもにとっては雨が少ないのは嬉しいことだが、

とにかく暑い!

夏を快適に過ごすには、やっぱりうちわ?

京都だからおしゃれに京扇子?

いやいや、クーラーの風が最高だけど…

外でたくさん過ごす子どもはどうすりゃいいんだ?

 

難しいことはない!暑い日には「冷えピタ」で凌げばいいじゃん。

 

ある日、我が息子が暑いからと言って、

冷えピタを貼って、外で遊んでおりました。

なかなか面白い。名案ではないか?

それに科学キッズは、氷に塩を投入すれば、

キンキンに冷えまくることも知っている。


詳しくはこちらの記事をご覧ください。

おぉぉ!たった5分でビールはキンキンやないか!


この二つの武器があれば、

これからの夏だって快適に過ごせるはず。

 

しかし!

この時期になると夏を快適に過ごすグッズがたくさん売られているではないか?

 

そこに「冷えピタ」がないのが残念ではありますが、

他にも、水だけで冷感持続!みたいな不思議なタオルもある。

本当にこれは冷たくて快適なのだろうか?

 

そりゃ、濡らしたから冷たいのが当たり前じゃないか?

濡らしたら冷たいのは当たり前やんか!

あなたはそう思ったのかも知れません。

 

しかし!

濡れて冷んやり快適であるならば、

遊びまくって、汗びっしょりになればTシャツだって濡れる。

ここで、これだけははっきり言っておこう!

汗びっしょりのTシャツから、

冷んやり感なんてものは一切感じない。

余計に暑苦しい上に、臭そうではないか!

 

じゃあ、冷えピタや不思議なタオルはなぜ、快適なんだよ?

ここに素敵な科学技術が使われているのです。

超吸水高分子ポリマーとか…

(冷えピタは推測ではありますが)

 

さあ、こんな言葉が出てきたら、

「もう嫌!」なんて言葉が聞こえてきそうですが、

超吸水高分子ポリマーの理解に

科学キッズ達は挑みます。

超吸水高分子ポリマーの威力とは?

そして、冷んやり感が出る理由とは?

 

これが分かれば、生活の中での工夫もたくさん見つけられます。

例えばこんな会話が子どもから出てくるのです。

「なぁなぁ、これって高分子ポリマー使われているでしょ。」

こんな具合であります。(めっちゃ格好いい!)

 

勉強は必ずしも机上でするものとは限らない。

楽しく遊ぶかの様に実験して、発見し、

何かきまり(法則)の様なものを見つけ、

スゲ〜って感じたところから学びは始まる。

身近なところにあるものの不思議に目を向けて、

そこから学びとることができる子どもは、凄い大人になれる。

ただ、歩いているだけでも、発見をたくさんするのですから。

 




 

そろそろ自由研究も始めます。

科学キッズのメンバーは面白い。

ある子は、とにかくピタゴラスイッチの装置が格好いい!

なんて話をしてくれました。

私も物理学が超大好き。

ならば、準備を初めておこうではないか!

市民がおもしれーっていうほどの。

 

どんな設計になるかは、わからないけど、

夏休みを豊かにするピタゴラ装置はできないものか?

玉を転がして行くと…

最後は流しそうめんが流れる!!

そんな仕組みは、科学キッズが考えてくれるだろう。

 

はっきりと言っておきます。

できたら、威張ります。

ピタゴラそうめん会もします。

参加した人は、科学キッズのメンバーを

心から尊敬して、お褒めの言葉をください。

だって、凄いことですから…。

 

これはまじズゴイ。

https://www.youtube.com/watch?v=HDBY0m2ayCw

 

科学キッズに関心のある方はお気軽にメッセージを

実際、どんなことをしているのか?

うちの子どもには、こんな体験がさせてみたいけれど・・・

いろいろと思われることはあると思います。

お気軽に、下記のフォームよりメッセージをお送りください。

主に京都符亀岡市で活動は行っておりますが、

他府県からご参加してくださっている方もいらっしゃいます。

遠方の方もご遠慮なく、お気軽にメッセージをください。

 




この記事を書いている人 - WRITER -
「気持ちと言葉でビジネスが変わる」という発想を教える人。教諭からビジネスの世界に入り、ツールや方法をメインにするな!と強く感じる。気持ちが変われば言葉が変わるからだ。【愛するもの】WPで想いを発信しているグループのメンバー・自作のベーコン・懇親会

Copyright© 子育て大変ですか? , 2017 All Rights Reserved.