テレビゲームやスマホと子どもが上手に付き合うようになるヒント!




周りの友達は、テレビゲーム(DSやPSPなど)やスマホを持っているみたい。

でも、うちはまだ買うのは早いかなぁなんて思っています。

そのうち周りのみんながゲームやスマホを持ち始めて、

うちの子だけが孤立したり、ゲームをすることだけが遊びの目的になってしまわないかどうか心配…。

こういう時ってどうしたらいいのでしょう。こんな質問をいただきました。

 

もはや、テレビゲームやスマホと子育ての関係は切っても切れない関係にありそうです。

では、子どもがそんな風にゲームやスマホと付き合えればいいのでしょうか。

 

子どもとゲーム・スマホの関係

ある程度ゲームやスマホも楽しむけれど、外で元気よく遊べる。

宿題・家の手伝いなどやるべきことは、やれる。

 

今日は、こんな方向に子どもが育つようなヒントや事例を挙げてみたいと思います。

 

そもそもなぜ、子どもはゲームが欲しいのでしょう。

ゲームやスマホと子どもとの関係は、学校の懇談会でも必ず話題に挙がっていました。

実際、中学生になったらスマホを買ってもらえるねん!って喜んでいた子もたくさんいましたし、

小学校2年生になったら、DSが買ってもらえる!って楽しみにしている子もいました。

 

大人の方も、どのタイミングでスマホやゲームを買ってやるのか…

できれば、なんやかんやと理由をつけて、その時期を遅らせたいなどと考えた人も多いことでしょう。

もちろん、私もそんな作戦に出たこともあります。

 

ところが、スマホやゲームの購入時期をいくら考えても問題の本質的な解決には至りません。

子どもはめっちゃシンプルな思考です。面白かったらご飯を食べる時間をも惜しんででも没頭しますから…。

だから、ゲームやスマホばかりではなく、違うことも楽しんでほしいと私たちが願うのであれば、

子どもはなぜゲームが欲しいのか?

大人が思い切り考えてみることが解決への一歩となると思います。

 

子どもにできるだけ、ゲーム以外のことも楽しんで欲しいと願うのであれば、

どうやってゲームから遠ざけるのかという戦略を立てる前に、まずゲームやスマホが大好きというその背景を想像するところから始めてみましょう。

実際、小・中学生にゲームやスマホをするメリットを質問してみました。

  • ゲームやスマホをもっていれば友達との会話に入りやすい。
  • とにかく、ゲームの内容が面白い。一人でも夢中になれる。
  • 暇な時間を潰すことができる。
  • 公園などで遊びたいけれど、スケジュールがハードでまとまった時間がとりにくい。公園に行く移動時間ももったいない。そんな時にゲームやスマホがあれば友達と楽しむことができる。

こんなところでした。

ちなみに、私は滅多にゲームをすることはありませんが、稀に無性にしたくなります。

なぜ、そんな気持ちになるのか…?

実写版の映画なんかよりもより立体的に見える秘密はなんだろう?

この疑問に迫りたくなるのです。だから、プレイはせずにオープニング映像を見るだけで感激・満足するのです。

 

少し大人側の事情も見ておきましょう。

実は、「テレビゲームやスマホ以外の遊びもして欲しい」と言いながらも、

ゲームやスマホがあったから良かったという利点もあるので、

本気で「ゲームは必要ない!」と言いにくい側面もあります。

 

テレビゲームやスマホがあれば、親が楽なのです!

ゲームやスマホに夢中になっていてくれたら、その間に家事もはかどります。

他にも、大人がしたいことを、その間に進めることができます。

ここは、忙しい大人にとっては、捨てがたい利点なのです。

だから、ゲームばかりして!とかスマホばかりして!と言いながらも、断固ダメだ!なんて言い切れない事もあるのでしょう。

 

つまり、ゲームやスマホは賛否いろいろな意見があるものの、子どものニーズも大人のニーズも満たしているのです。

ゲームやスマホは強者であります。

 

では、ゲームやスマホから子どもを離すためにする具体的な方法?

先に紹介した小・中学生がいうゲームやスマホをするメリットをみれば分かりますが、

彼らは、「誰かと一緒に面白いことをしたい」というニーズが強いのです。

ゲームやスマホは、それを満たすための道具に過ぎないのです。

だから、このニーズを満たすことができそうな代案が提示できれば、

ゲームから遠ざける事は十分に可能なのです。

 

さて、あなたは、この代案思いつくでしょうか?

この代案を探してみましょう。

電車に乗れば、ほとんどの人がスマホを触っています。私ももちろん触ることもあります。

中にはお仕事をされている方もいらっしゃると思いますが、ゲームを楽しんでおられる方もたくさん目にします。

 

では反対に、

あなたはどんな時にスマホから手を離しているでしょうか。

  • 友達とお酒を飲んでいる時
  • 何かスポーツをしている時
  • 大好きな小説を読んでいる時 など、

いろいろ思いつくかと思います。ここに代案のヒントがたくさん詰まっているのです。

 




 

あなたがスマホから手を離して楽しんでいる事こそが代案の答え!

小・中学生のニーズは、誰かと一緒に楽しむことでした。大人も概ね同様のはずです。

だから、親子で遊べばいいんです。夜しか時間が取れないのであれば、夜家でできる遊びをすればいいのです。

 

実際、我が家の場合は、将棋・囲碁・麻雀が多いです。

とにかく、終始おしゃべりを楽しんでいます(勝負なのに)。

つまり、将棋・囲碁・麻雀という遊びを使っておしゃべりを楽しんでいるのです。

だから、将棋・囲碁・麻雀をしている時にゲームをしたい!にもならないし、スマホを使いたい!にも絶対になりません

むしろ、もう1回勝負しよ!と言われるくらいです。

 

そうは言っても、これらをするには結構な時間を必要とします。

それは、忙しいあなたにとっては大きなリスクとなりますが、勝負をしながら、親と子という関係を捨てて、雑談をしながら時を過ごすことは、案外いいものです。

子どもの本音が見えてきますし、大きな問題が起きる前にはサインが出る!と言われますが、そんなサインにも気づくことができするでしょう。

 

テレビゲームをするにあたり、

ルールだから1時間でやめなさいというだけでは、堅苦しいだけになってしまいます。

もちろん、ルールを決めて守るという習慣も大切ですが、

最終的には、ゲーム機がなくても自分たちで遊びが創造できてほしいなぁなんて思っていますから、

ゲーム以外の楽しい遊びを伝えていくというのは、大人の大切な役割だと思っています。

 

 

子どもと遊ぶ時間・手間を惜しまず、遊びを教えて行くと実は膨大な時間が生まれます。

子どもに付き合って、囲碁をする、麻雀をする…。大人にとっては、大きな時間のロスを抱えることになります。

ところが!ある程度、こうした遊びに慣れてきたら、大人が入る必要はありません。

 

先日も雨が降っていて外で遊べなかったのでしょう。私が帰宅したら、近所の子ども達が集まって、

麻雀!小学2年生から6年生の子どもが集まり、

ジャラジャラジャラジャラ…。

 

ここで、年上の子どもが年下の子に遊びを伝えるという風景がありました。

この、「教えなければ自分も楽しめない」というのがまたいいものです。

 

学校では、コミュニケーション力!とか伝える力!を育てようと言われていますが、

麻雀を楽しみたい子ども達の伝えたい欲望は強烈です。コニュニケーション力を鍛えなければいけないなんて微塵も感じません。

年齢なども関係ありません。(恐ろしいスパルタ教育がなされます)

「こう言う時はな、ポンって言ってこうするねん。」

「それは、4(ヨン)じゃない、スーや!言ってみ!」

なんだか懐かしい気持ちも味わうことができました。

 

ここまで行けば、いつもあなたが遊びに入る必要はありません。

つまり、あなたの時間は膨大に増えつつも、子どもはゲーム以外の遊びも思い切り楽しむという事が実現できるのです。

こう考えると、最初の時間の投資は辛いかもしれませんが、リターンは強烈だと思うのです。

 

最近、子ども同士のスパルタ教育がずいぶん減ったなぁと感じます。

異年齢で遊ぶ風景が特別なものになってきたように感じますが、社会は異年齢の関わりの方が多いのになぁ…なんて思うのです。




記事を書いている人

渋谷 浩一郎
渋谷 浩一郎地味にコツコツ事業を伸ばす物書き屋
理想の実現、事業を伸ばすのに重要なものは「想い」 Webの活用でも、何を発信するかが重要。 あなたの想いを引き出し、目に見える形にするのが得意。 ビジネスを伸ばすセッションは、ヤバい!が連呼される。 現在、建築メーカー冊子の連載・WordPressで想いを伝えよう!グループを運営する他、朝6時から生徒と一緒に勉強をするなど独創的な取り組みを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です