子どもも大人も挑戦したらええ!

お金の面から考える!何を目指して子育てをすればいいのか?

2017/12/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「気持ちと言葉でビジネスが変わる」という発想を教える人。教諭からビジネスの世界に入り、ツールや方法をメインにするな!と強く感じる。気持ちが変われば言葉が変わるからだ。【愛するもの】WPで想いを発信しているグループのメンバー・自作のベーコン・懇親会




私の元に通う面白い高校生がいます。

彼女は、

現代社会の勉強は面白くない…

ただの暗記モノじゃないの?

と、いうので、一緒にお金の勉強をスタートしました。

 

やっぱり、人の行動にも原理原則がある。

それを知って、社会を見ると面白い…。

 

そんな事を学んでから、彼女は変わりました。

経済のニュースを毎日楽しく読むようになったのです。

そんな彼女が面白い質問をしてくれました。

 

人ってちょっとした出来事に凄い振り回されて生きていますよね。

でも、そんな生き方を私はしたくないなぁ。

これから私は、何を大事にして学んだらいいのでしょう?

 

さすが!経済女子高生!

高校生にして、こんな事を疑問に思うなんて …

おっちゃんはそれだけでも嬉しいーーー!

 

彼女がそんな疑問をもったのは、

経済関係のニュースに対して、

株価や為替が敏感に反応していることに気づいたから。

凄い資本をもっている会社や個人だって、

世の中の動きを見て、何か対策を考えている。

でも、対策が完璧なんてことは、ほぼあり得ない。

 

だとすれば、

みんながいいなぁという様な会社に就職できたとしても、

会社がずっと安泰かどうか、分からない。

勉強をして、大学に入って、就職して…ゴール!

って考えていたら、ちょっとマズいですよね。

こんな考え方でした。

 

あまりにも凄すぎ!!

そんな事を思考できる頭があれば、

それだけで、十分、生きていけるんじゃない ?

そう思ったものですが、

これを機に、経済の面から子どもの教育について、

ちょっと、真剣に考えてみたいと思います。

 

少子化って一言でいいますが、異常事態なんです。

単純な話ですが、自然界の基本に反するわけです。

生命をもったものは、

基本的に子孫を残そうとします。

ですから、植物はたくさんの種を作り、

動物もたくさんの赤ちゃんを産みます。

人間もこれまでそうして来ました。

 

つまり、

若い世代が基本的に多く、年配の人口が少ない。

要するにピラミッド型になっているのが、自然。

 

ところが、現代の日本は逆転。

これは、自然界のルールに反していますから、何がおきるのか分からない。

年金が…医療費が…

といった問題が 言われ続けるのは当然のことです。

 

まさに異常事態です。

このシワ寄せを食らうのが

今の子どもと、未来の子どもなのです。




そこに、グローバル化社会の登場!

モノはある程度安くないと売れない。

ところが、日本人の労働力は高い。

と、いうことで、

外国に工場を構え、海外の安い労働力で製品を作る…

これが、いい悪いはさておき、

こんな動きが当たり前となってきました。

有名なのがユニクロなのかもしれません。

 

また、

近年では、楽天の開発職に就いた人は約100名。

その中で8割が外国籍の方。と、いう話もあります。

 

つまり、乱暴な言い方になりますが、

「うちで働きたい奴は働いてく れ!」

「ごちゃごちゃいうヤツは不要!」

と、いうことがとても身近になってくるのです。

 

これは、AI(人工知能)の発達により、

言語の壁はより薄くなるので、

私は、ますます加速するだろうなぁと思います。

こうなると、何が起きるか?

賃金の競争が起きることでしょう。

とても簡単に言えば、

俺は月に30万円で働きます!

でもね、うちには25万円で頑張るって人もいるんだよ。

こういう事になるわけです。

これは、大げさに言っているのではなくて、

歴史を見ても似たような事があります。

 

以前は、

大学を卒業した…と言えば、就職先でも優遇されていました。

ところが、

現代では、大学卒業というだけでは、大した価値を社会は見出してくれません。

司法試験に合格した人でさえ 、

就職することができず、

アルバイトをして生計を立てている方もたくさんいます。

つまり、ボヤボヤしてられまへんで!でも、最高の時代がやってくる!

極簡単に、医療費や年金の話に触れました。

ここが、さらに厳しくなれば、

税金を上げるか、

自己負担が増えることになるでしょう。

グローバル化に伴う労働賃金の問題にも触れました。

つまり、

だれかが何とかしてくれる時代は終わり!

ということであります。

ちょっと暗い話が続きましたが、

私は、最高の時代がやってくる!と思っています。

何で最高の時代って言えるの?

この暗い波に呑まれないようにするには…

あなた自身の価値を高めるしかないからです。

 

これ までは、

なぜ、勉強するのか?

意味が全くわからなった!という方でも、

社会の流れにのって、進学をして、

大学卒業のブランドを名乗ればなんとかなったのです。

 

でも、そこには悲しい事があります。

自分のことを見つめなくても生きていけたのです。

ところが、これが通用しないとなると…

自分にできることを真剣に考える必要がでてきます。

そこに気づいた人から、自分に素直に生きれる社会。

それが、目前に迫っているように感じます。

追伸、経済女子高生は、恐ろしい勢いで勉強をしています。

こういう話をすると、

勉強をしても意味がない!と解釈する方もいますが、

私は正反対だと思っています。

 

経済女子高生は、

高校の2年間、授業はそれなりに受けてきたものの、

一切、自分で勉強をしてきませんでした。

 

しかし、彼女は、

勉強をすることで人に優しくなれるというのです。

この事に気づいてから、猛烈勉強家に!

土曜日、日曜日は10時間ほど勉強しているようですが、

時間が足りない…早く1日が終わるそうです。

 

関わっている私もびっくり。親もびっくり。

経済女子校生に言わせると、それもまた面白いらしいです。

 

人は、自分の可能性に気づいた時に、

激変する面白い生き物だと思います。

 




この記事を書いている人 - WRITER -
「気持ちと言葉でビジネスが変わる」という発想を教える人。教諭からビジネスの世界に入り、ツールや方法をメインにするな!と強く感じる。気持ちが変われば言葉が変わるからだ。【愛するもの】WPで想いを発信しているグループのメンバー・自作のベーコン・懇親会

Copyright© 子育て大変ですか? , 2017 All Rights Reserved.