人としての生き方で大切なことは? Amazon Echoって?




「自分らしく生きる」と言えばとても格好いいのですが、

どんな生き方をすれば、「自分らしい」のでしょうか。

この答え、はっきりと言えないからこそ人生は面白いのかもしれません。

今日は、以前から私が注目していた人工知能の話。

これが、いいとか、悪いとか…そんな話はさておき、

まぁ、スゲー世の中になりそうです。

 

家族が一人増える? 人工知能Amazon Echo


そもそも、人工知能Amazon Echoとはどういうものか?

簡単に言えば、Amazon Echoに話しかけると、

音声を認識して、情報を伝えてくれます。

 

例えば、

「今何時?」と質問をすれば、「21時27分」と答えてくれ、

「今日の天気は?」と質問すれば、「午後から雨」と答えてくれるわけです。

「Jazzが聞きたい」と言えば、見事に再生をしてくれます。

めっちゃ、便利でいいヤツじゃないか!

 

イメージで言えば、iphoneのSiriに似ているかもしれません。

文章で、この話を捉えるより、

CM動画をご覧になるとわかりやすいと思います。

最後のシーンなんか電気を決してくれているし格好いい!

 

 

超大雑把に言えば、検索→出力をしてくれるもの。


ずいぶん前のことですが、

人工知能「ワトソン」が大学入試問題を解くことができたなどとして

話題になったことがありますが、

「ワトソン」は、問題解決するにあたり、

ネット検索を自分で行い、そこから重要な情報を取り出し、

意思決定をしていくというものでした。

 

このように、インターネット上の膨大な情報を

うまく活用する技術ができれば、

ある程度のことは、人工知能がやってくれることは、

技術的に可能であることは想像がつくのではないでしょうか。

 

人工知能Amazon Echobに話かけると、

音声に反応して、ちゃんと答えてくれるそうです。

ですから、

必要なものをAmazonに注文しておく、

必要なページを検索してもらい、読み上げてもらう、

Newsを読んでもらう…

など、できることはかなりたくさんありそうです。

 

また、一般家電とも連携させて、

エアコンの予約管理、

テレビやビデオの予約も音声ですることが可能だと言われています。

(私はテレビを見ないから関係ありませんが…)

 

これが、特別なものでもなく、

アメリカでは、1〜2万円で発売されているのですから、

日本にも近い将来?いやもうすぐ、普及することでしょう。

息子に言わすと、DSと同等の値段やないかー!ということでした。

 

話かけると様々なことをやってくれる道具が、

スマホと同じくらいの感覚で普及する時代がくるのです。

 

仕事の仕方が大きく変わる?


こうした凄い技術が普及する度に、

仕事の仕方は大きく変わってきました。

近年で言えば、スマホやタブレット、Wi-fi環境の充実によって、

どこでも仕事ができるという人も増えました。

 

また、広告業界も大きく変わりました。

以前は、どの家庭でも新聞を購読するのが当たり前

といった時代もありましたが、新聞の購読者は減りました。

と、いうことは、新聞折込広告の価値は下がってしまったのです。

これらの変化がいいのか、悪いのか…?

私には分かりませんが、

生活が変わり、働き方も変わったことは、事実です。

 




 

いろいろやってくれるのはいいけど…


これだけの事を人工知能Amazon Echoがしてくれるとなると、

ますます、結婚しない人が増える?

話しかけたら、ちゃんと答えてくれますし、

朝も起こしてくれますから…。

 

こんな軽い話をしたのですが、

ここで考えておかないといけないのが、「人の価値」じゃないでしょうか。

 

人工知能Amazon Echoが優れもので、

様々なニーズに応えてくれるとなると、

人間様の出番が少なくなってしまいます。

 

人は誰かに認められることを渇望する生き物でした。

 

時計が読める様になった子どもに、

「今、何時?」と尋ねると喜んで答えてくれます。

そこに、自分の役割があるからでしょう。

 

 

あなたと人工知能との違いは何でしょう?


きっと、スマホやpcと連動させると、

次から次へ童謡を流してくれたり、面白い動画を見せてくれたり…

子守だって上手にしてくれそうな気がします。

でも、子守の一部を人工知能に任せたいとは思いません。

なぜか、そんな印象を受けます。

機械の機能・性能という点ではとても優れており、

使えば使うほど、成長するとも言われていますが、

大きな違いは「心」じゃないかなぁと思います。

 

楽しく生きている人の近くに行けば、何も言われなくても

楽しさの様なものを感じることができるし、

プンプン怒っている人が、集団に一人でもいれば、雰囲気が悪くなる。

こんな「感情」があって、それをも敏感に察知できるのが人間。

 

ですから、子ども達には感じたことを

自由に思い切り表現することを大切にしてほしいなぁと思います。

「勉強ができたらいい」と言われた時代が終わり、

新しい時代へと入っていく様な気がしてなりません。

 

<補足>

「勉強をしなくてもいい」と言っているわけではありません。

ただ、決められた勉強をみんなが一律にやって、点数を争うのではなく、

自分が得意なことを見つけるために学び、

得意なことをして人のために役立てる。

そんなシンプルな社会に向かっていく気がするのです。



記事を書いている人

渋谷 浩一郎
渋谷 浩一郎地味にコツコツ事業を伸ばす物書き屋
理想の実現、事業を伸ばすのに重要なものは「想い」
Webの活用でも、何を発信するかが重要。
あなたの想いを引き出し、目に見える形にするのが得意。
ビジネスを伸ばすセッションは、ヤバい!が連呼される。
現在、建築メーカー冊子の連載・WordPressで想いを伝えよう!グループを運営する他、朝6時から生徒と一緒に勉強をするなど独創的な取り組みを行っている。
Recommend
No articles