アルバイトの方が教えてくれた幸せが隠れている場所



大好きなことを仕事にすればいい…とか、

大好きなことだけをして食べていく…なんて言葉を耳にした人もあることでしょう。

 

果たして、それは本当なのか?

一部の成功した人が、調子のいいことを言っているんじゃないの?

その証拠にほとんどの人は、

今朝も早く起きて、満員電車に揺られて辛そうな顔をして出勤しているじゃないか!

だから金曜日の夜がちょっと待ち遠しいんじゃないの?

もし、好きなことだけをして生きていけるなら、みんなとっくにそうしているはずじゃないか。

 

誰もがそんなことを1度や2度は思ったことがあるはずです。

ところが、仕事が大好きっていう世界観がどれだけ素敵なことなのか教えてくれた方がいるのです。

彼女は一般にいう成功者でもありませんし、特別な有名人でもありません。

けれど、働くことの原点を教えてくれたのです。

この機会に、働くことってどういうことなのか…?

あなたも少し立ち止まって考える機会になればいいなぁと思います。

 

たった一言が私に行動をさせてしまったのです。

大阪駅周辺で所用を済ませ、2時間後には京都にもどって別の仕事をしなければならない。

移動時間を考えると、余裕は30分程度…。

そんな状況でも、私は目的のパン屋さんに向かって走る。

スマホの道案内を見ると目的地まで徒歩12分。

たかがパンのために走る。

しかも馴染みのパン屋さんでもなければ、

古くからの知人が勤めているパン屋さんでもない。

 

昨日たまたま参加した交流会で、

5分程度会話した方がアルバイトをしているというパン屋さんに向かって一生懸命走る。

美味しいかどうかなんても知らない。

でも、そこまでしてでも私はパン屋さんに行かなければならない気持ちになっていたのです。

 

私、アルバイトですがパン屋で働いています。

交流会が終わろうとしている時に、彼女とこんな会話になりました。

仕事好きな山田さん

私、アルバイトですがパン屋さんで働いています。

ぜひ、渋谷さんも来てくださいね。

仕事好きな渋谷

ぜひ、来てくださいって言えるということは、

やっぱり美味しいんですか?

仕事好きな山田さん

職人じゃないから分からないこともありますけど、材料にもこだわっているからとっても美味しいと思いますよ。

仕事好きな渋谷

アルバイトだけどそこまで言えるっていいですね。

パン屋さんのアルバイトは好きでされているのですか?

仕事好きな山田さん

はい!大好きで働いています。いいお店でアルバイトをさせてもらっているなあと思います。

 

何気ない一言かもしれませんが、

大好きで働いている。と当たり前のように彼女は言い、

さらに、働いているお店という環境もいいということがさらりと言えてしまうんです。

これがもし、

工業的に大量生産をしているパン屋さんであればどうでしょう?

大好きで働いていると言えるでしょうか。

ふと、そんなことも思うと、食べる前から美味しいが確定してしまったのです。

そもそも働くってどういうことなのか?

かつての私がそうだったように、

建前では、社会の役に立つことが働くこと…なんてよく言われますが、

まずはお金を得るたために働いているのです。

その証拠に、ボーナスが数パーセントカットされるということが起きると、

サラリーマンの世界であれば、不平不満の声が挙がることがあります。

たとえ、高額のボーナスをいただいていたとしても。

 

これだけ働いたのに、こんなにもカットされるのか!

こんなひどい目にあうなんてやる気が失せるわ。

 

もちろん、それぞれ生活がありますから、

お金のために働くということもとても重要なことですが、

お金だけのために働くとなると効率しか考えなくなります。

 

仕事が大好きな山田さんは、アルバイトにも関わらず、

私がこうして足を運んだことを喜び、わざわざ、お礼のメールまでくださったのです。

私が訪問したからと言って、彼女の時給が上がる訳でもないでしょう。

 

なぜ、彼女はそこまでの事をやってしまえるのか?

きっと、パンを食べた人が大満足して、幸せな気持ちになれることを知っている上に、

それによって、自分もまた幸せな気持ちになれるってことを知っているからではないでしょうか。

自分が得意・大好きなことをして、

相手が喜んでくれた対価がお金になる。

これが、働くことの原点ではないでしょうか。

 

実際、彼女がアルバイトをしているパン屋さんのパンは…

食パンも今日食べるなら、焼かないでそのまま食べてくださいね。

そう言われるほどのものでした。

特別、何か味がついている訳でもありません。とてもシンプルで、素朴な味です。

 

大好きで働いています!

って言ってしまう気持ちがすごい分かる気がしました。

我が家の家族も大絶賛でパンを食べ、

大阪に行く度に寄って帰りたいからお店教えて!

友達にもこのパンは食べさせてあげたい!

なんて大騒ぎになっていたのです。

彼女が大好きで働いていると嬉しそうに言った言葉を聞いて私が嬉しくなり、

とっても美味しいパンをいただいて、私の家族も嬉しい気持ちになりました。

近々、友人たちとこのパンを食べる日もやってくるでしょう。

そうなると、またみんながとっても楽しく、嬉しい気持ちになるのです。

そして、その対価としてお金が発生するのです。

これが本来の仕事のあり方だと私は思っています。

 

ところが、この発想が逆になっていませんか?

この広告を見て私は残念な気持ちになりました。

(正確には、素敵なコピーなのですが、「いい」「条件」が頭に残ってしまうのです。)

実際、いい条件のところで働くために、追い込まれるように勉強をしている子もいます。

果たして、最高の条件の就職先というのは存在するのでしょうか。

世間的にいいねと言われる公務員の世界に入るとあなたは満足できますか?

有名な大企業に就職できたらあなたは満足できるでしょうか?

 

パン屋さんでアルバイトをする山田さんは、

きっと年末年始の休業が終えたら、また生き生きとしてアルバイトに行かれることでしょう。

また、この時と同じような気持ちで、ご自身の新たな挑戦をされた時にも、楽しい・嬉しいが連鎖されるはずです。

一方で、いやいや出勤されるというサラリーマンの話も耳にします。

となると、人の幸せってどこに隠れているのか疑問に感じます。

 

世間的にいえば、ただのアルバイトとただのパンだけど、

学校の先生も大人も、もちろん私も…彼女とパンから学ぶべきことがあるはずです。

 

あまりにも美味しかったから、勝手に宣伝しておきます。

これだけの質のパンを作るとなると、相当手間暇がかかります。

だから、正直、独り占めしたい。私の秘密の行きつけのパン屋にしておきたいのですが、

こうした、素朴でシンプルなパンが美味しい!っていい合えることの方が嬉しいですから、実際の店内の写真とリンクを貼っておきます。

 

Boulanger S.KAGAWA



記事を書いている人

渋谷 浩一郎
渋谷 浩一郎地味にコツコツ事業を伸ばす物書き屋
理想の実現、事業を伸ばすのに重要なものは「想い」 Webの活用でも、何を発信するかが重要。 あなたの想いを引き出し、目に見える形にするのが得意。 ビジネスを伸ばすセッションは、ヤバい!が連呼される。 現在、建築メーカー冊子の連載・WordPressで想いを伝えよう!グループを運営する他、朝6時から生徒と一緒に勉強をするなど独創的な取り組みを行っている。