子どもも大人も挑戦したらええ!

イラッとした時も簡単に乗り越えられる発想!

2017/02/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「気持ちと言葉でビジネスが変わる」という発想を教える人。教諭からビジネスの世界に入り、ツールや方法をメインにするな!と強く感じる。気持ちが変われば言葉が変わるからだ。【愛するもの】WPで想いを発信しているグループのメンバー・自作のベーコン・懇親会




 

仕事をしていても、学校に行っていても

理不尽だなぁって思うことありますよね。

「考えて行動しろ!」なんて言われて、

考えて行動したら…「勝手に判断するな!」

おいおい、どっちやねん?

そんな時には腹が立って仕方がありません。

 

 

腹も立ちますが、楽しみに変えてしまいましょう。


 

理不尽なことを言われると腹が立つものです。

それで、プンプン怒って、イライラして…

でも、この出来事に対して、

どうなったら気持ちがスッキリするのか?

実はゴールが見えないということに

意外と気づいていないことが多いんです。

 

例えば、よくある喧嘩。

「お前がこうしろって言ったやんけ!」

(・オラ系で威圧)

 

「そこまでしろってつもりじゃないし…」

(もう半泣き)

 

「でもな、言った通りにしたやろが!」

(ぶち切れ系で威圧)

 

で、このぶち切れた人は、

どうなったらいいんでしょうね。

相手が泣き崩れたら「勝利した!」って満足するのでしょうか?

実はゴールが見えないというのは、こういうことです。

 

どうなったら、自分の気持ちがスッキリするのか

全く決まっていないまま、オラオラ~!

ですから、解決に超時間がかかるわけです。

人間ですから、

もちろんこんな事もあるでしょうが、

そんな暇はない!有効に時間は使いたい!という方は、

少し楽しみながら理不尽も乗り越えていきましょう。

 

 




 

何が正しいのか分からない!学校は理不尽や!


先日、宿題をしていた息子が怒っていました。

何やら冬休みがあけてから、宿題が妙に多いらしい。

で、彼が言うにはこういう事でした。

冬休みがあけてから宿題が多いのは分かる。

ある意味仕方がないだろう。

6年生だから卒業式の練習もあるだろうし、

教科書が終わってないとよくないだろうから。

だから、漢字のワークなんかは、

ちょっとした隙間の時間を見つけて、

とっとと済ませたらいいけど、

「それは指示していないだろ。」って言われるねん。

でも、違う時には先生ってこういうで…

「考えて行動しろ!」って。

どっちやねん。あぁ学校は理不尽なところや。

ブツブツ言いながら腹を立てておりました。

 

でも、彼の中では、腹が立つものの、

どうなったら理想的なのか全く決まっていないのです。

 

じゃあどうなったら満足できる?

先生が「おっしゃる通りです。私が間違っておりました。」

と、謝ってくれたら満足できる?

と尋ねてみましたが…

どうやらそれは違うようです。

彼の望みは、好きなタイミングで

漢字のワークをどんどん進めても文句を言われないこと。

だったのです。

 

 

ゴールが決まれば対策をすればいいだけ。


対策を考えるには、相手の事情を知ることが重要です。

ということで相手(先生)の事を考えてみました

  • 学習内容はできるだけ早く終わらせたい。
  • 勝手に進められると丸付けがしにくい。
  • 自分の指示はちゃんと聞いて欲しい。
  • でも、自分で考えて動くことも否定できない。

こんな事を考えているだけでも、

腹が立つって感覚が楽しみに変わってくるようです。

 

勝手に漢字のワークを進めたとして、

「指示していないことだ。」と言われたら、

「でも、先生も正直言って早くワーク終わらせたいでしょ。

そんなことも含めて、自分で考えて行動したんですよ。

と、言えば大丈夫かなぁ…

 

確かに申し分ありません。

ちょっと嫌な感じの生徒ではありますが、

まぁ、いつまでも理不尽だ!って怒っているより

ずっといいものです。

 

あなたもイラっとした時、

ゴールを定め、相手の事情を少し考えてみてください。

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -
「気持ちと言葉でビジネスが変わる」という発想を教える人。教諭からビジネスの世界に入り、ツールや方法をメインにするな!と強く感じる。気持ちが変われば言葉が変わるからだ。【愛するもの】WPで想いを発信しているグループのメンバー・自作のベーコン・懇親会

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 子育て大変ですか? , 2017 All Rights Reserved.