友達との会話が上手くいきません

友達との会話が上手くいきません




子どもの世界でも、大人の世界でも、

最近は「コミュニケーション能力」が大切だと言われます。

もちろん、ビジネスの世界でも超重要です。

ところが、子どもの世界でも「友達との会話」について

悩む人が増えてきているようです。その解決方法についてお伝えします。

 

友達と私は趣味が違うから、会話が盛り上がりません。


友達との会話に悩む小学生に話を聞くと、次のようなことを話してくれました。

私はジャニーズに興味がないのに友達はジャニーズの話ばかり。

だから、一緒に盛り上がることができません。

かと言って、無理にジャニーズを好きになるのも変だと思います。

 

友達と話をしていても、

どうやって会話を続けたらいいのか迷うことがあります。

何か喋らないと…と思って喋っても全然盛り上がりません。

 

友達同士、LINEで話していた内容で盛り上がっているみたいで、

全然、話の意味が分かりません。

会話の中に入りたいのですが、どうやって入ったらいいのか

分からないことがあります。

 

子どもは子どもの世界で悩みがあるんだなぁと感じさせられた機会となりました。

もちろん共通の話題があれば、盛り上がりそうですが、

共通の話題がないとやはり、会話で盛り上がるのは難しいのでしょうか?

 

 

あなたはどんな時に話をもっとしたいと感じますか。


今日も大人の視点で、考えてみましょう。

大人の場合、プライベートでも仕事でも「初めまして」という機会が多いと思います。

そんな時に、「この人ともっと話してみたい」と感じたことがありませんか?

反対に「実務的な話をしてさっさと終らそう」と思った経験もあると思います。

この違いは、共通の話題の有無だったでしょうか?

 

もちろん、「初めまして」の状態でも話を聞けば、

同じ趣味だったとか、仲の良い友達が同じ人だったなんてことで、

盛り上がることもあるでしょう。

でも、そんな共通点が無ければ、もう会話が盛り上がらないとなると寂しいものです。

 

もっと話をしてみたいと思う人は

  • 意見や考えを否定しない人
  • リアクションがある人
  • あなた自身に関心を寄せてくれた人

です。(もっと要素はたくさんありますが、今日は3点お伝えします。)

少しずつ見ていきましょう。

 




 

意見や考えを否定しない人


あなたが大好きなジャニーズについて語っても、

「私は興味ないし」とか「何がいいのか分からない」などと言われると

どうでしょうか。もう話をする気になれませんよね。

だからと言って、嘘をついて「私も好き!」という必要もありません。

「私は興味はないけれど、好きな人もいるんだ…」という気持ちでいることで、

全てを否定することにはなりません。

 

リアクションのある人


Facebookの文化が象徴しています。

仕事のために利用しているという方も多い一方で、

楽しみとして投稿をし続けている方もたくさんいます。

なぜ、Facebookは盛り上がっているのでしょうか?

その秘密は「いいね」ボタンにあります。

あなたの投稿に対して、

「いいね」という反応があるために投稿が続けられるのです。

 

あなた自信に関心を寄せてくれた人


「初めまして」の状態でも、あなたが好きなことに関心を寄せて、

「ジャニーズがお好きなんですね。で、やっぱり嵐ですか?」

なんて言われると、「興味ない」と言われるよりずっと嬉しいですよね。

「いえいえ、私は関ジャニが大好きなんです。」

「え〜、僕は関ジャニ知らないんですけど、どこが魅力なんですか?」

と、言った感じになってくるとどうでしょう。

っ?語っちゃってもいいの?なんて気持ちになってくるものです。

 

 

共通の話題がなくても、

興味がなくても、関心を寄せることができる。


上の例でお気づきでしょうか?

ジャニーズについてよく知らない方が、会話を盛り上げつつあります。

それは、「あなたがジャニーズ(関ジャニ)に関心を寄せたこと」に関心を寄せたのです。

 

もう一つ例をあげておきます。

これから鍋のシーズンですよね。

中には「鍋奉行」と言われるほど、鍋にうるさい方もいらっしゃる事でしょう。

でも、「鍋なんて、具を全部投入すれば食べられるやん。」って思っている

あなたからすれば、話が合わない存在かもしれません。

 

それでも、なぜその方が鍋奉行になったのか?そこに関心を寄せると、

鍋奉行さんの熱い話が始まるわけです。

その時に、あなたは頷いていればいいのです。(「いいね」ボタンを連打)

(お酒の入った鍋奉行の話は終わりがなくなりますので、ご注意が必要ですね。)

 

何も会話が盛り上がらないからと言って、

あなたが特別「すべらない話」のような話題を出さなくても、

ちょっとした気持ちの持ち方で、相手がちゃんと盛り上げてくるようになるのです。

 




記事を書いている人

渋谷 浩一郎
渋谷 浩一郎地味にコツコツ事業を伸ばす物書き屋
理想の実現、事業を伸ばすのに重要なものは「想い」 Webの活用でも、何を発信するかが重要。 あなたの想いを引き出し、目に見える形にするのが得意。 ビジネスを伸ばすセッションは、ヤバい!が連呼される。 現在、建築メーカー冊子の連載・WordPressで想いを伝えよう!グループを運営する他、朝6時から生徒と一緒に勉強をするなど独創的な取り組みを行っている。