子どもも大人も挑戦したらええ!

会社の偉い人やお金持ちは悪い人!そんなイメージがあなたの人生を邪魔します。

2018/04/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「気持ちと言葉でビジネスが変わる」という発想を教える人。教諭からビジネスの世界に入り、ツールや方法をメインにするな!と強く感じる。気持ちが変われば言葉が変わるからだ。【愛するもの】WPで想いを発信しているグループのメンバー・自作のベーコン・懇親会




みんなで集まって、ちょっとしたイベントがしたいけれど、

誘ってもいいのかなぁ?なんか怪しい人って思われないかなぁ?

そんな事を感じたことはないでしょうか。

もちろん、私もそう感じたことはあります。

でも、冷静に考えたらおかしいですよね。

せっかく、楽しい企画を考えたのに人に知らせるのが不安って…。

なんで、そんなことになってしまうのでしょう。

 

 

あなたが知らない間に忍び寄る魔の手!

テレビのニュースを見ると、

  • ○○で殺人事件があった。
  • 政治家がこんなひどい発言をした。
  • ある企業は、脱税の疑いがあるかもしれない。

 

そして、ドラマを見れば、

どこかの会社役員の様な方が、社長室で悪巧み。

「社長、これで全てはうまくいきますね…」

 

学校に行けば、学力!

教育委員会は基礎基本の徹底!

これらができないと、生きていくのが大変だ!

ってなるわけですよね。

結構、暗い! とにかく、世の中のイメージが悪い!

 

 

実際、子ども達は大人をどう見ているのでしょう?

以前、子ども達に

「お金持ちは悪い人なんだろうか?」

と質問したことがあります。

9割以上の子どもが「そうだ」と答えました。

 

お金持ちの方、ゴメンなさい。

子ども達がそんな印象を自然ともってしまうくらい、

そんな暗い情報が多いってことです。

 

 

実際、お金持ちの方で悪い人はほとんどいません。

好みは人によって様々でしょうが、

少なくとも、その人が提供しているサービスやモノに、

たくさんの方が恩恵を受け、

そこに価値を感じた人が、支払いをしているのですから、

悪人ではないはずです。

 

他にも報道を見ると、

あれに問題があるとか、これはどうするの?といった課題が

テンコ盛りであります。

ワイドショーや週刊誌を見ても

(滅多に見ませんが)

悪い噂?のような話題が多いです。

 

そう言った番組や情報が絶えないのも、

自分は一切努力をせずに、

優越感が得られるためだろうと思っています。

 

  • 世の中には怖い人もたくさんいるよね。
  • ○○で食中毒があったみたいよ。大変ね。
  • あの有名な企業もリストラするみたいね…

 

確かにそれは事実であるかもしれませんが、

こうした暗い情報にずっと触れているとどうなるか?

 

別にやりたいこともない!

大人になるのがなんだか面倒だ!

 

そして、大人はこう言います。

最近の若者は夢がないって…。

 

暗い話題が多いと思考も暗くなりがちです。

ですから、冒頭で触れたように、

何かやろうって思っても変に思われないかなぁ?

って気になったり…するのだろうと思います。

 

 

じゃあ、サッカー選手やYouteberはなぜ人気なのでしょう?

 

あなたはもう理由がお分かりですよね。

シンプルに格好いいとか、楽しそうだからだと思います。

 

サッカーの大きな試合があれば、国民みんなが注目し、

Youteuberの面白い映像は、シェアがどんどんされて、

多くの人が映像を見て楽しみます。

 

また、卒業式の子どもたちのファッションを見ても、

何に憧れているのか見えてくることもあります。

安室奈美恵さんが人気の頃は、

彼女のようなファッションで卒業式に出る子が多く見られました。

(古過ぎるか?でも、今の流行が分からんのや)

 

つまり、全員がそうだとは言いませんが、

多くの人に注目されるような、

ちょっとしたヒーローに憧れるのです。

 




 

ヒーローはあなたの周りにたくさんいます。

「忍び寄る魔の手」には放っておいても簡単に触れることができます。

一方、明るいニュース、何か新しい技術が開発された。

サッカー日本代表選手が素晴らしい成績を残した…。

などのお知らせは、残念ながら量が少ないのが現状です。

 

そして、それらはあまりにも凄すぎて、

どこか自分とは無縁なような気になることもあります。

 

でも、素敵な人は、

少し意識するだけでたくさん見つけることができます。

コンビニで買い物をしている人が、

気持ちよく「ありがとう」と言っていれば、

その方をあなたの家族にヒーローにすればいいのです。

 

「別にありがとうって言わなくてもいいのに、

あの人のありがとうって言葉はなんか良かったなぁ。」

感じたままを言葉にして、子ども達に伝えればいいのです。

これを何度か繰りかえすと、

知らない人であっても、

こうしてあなたの家族のヒーローになってくれるのです。

 

 

あなたはここまで熱くなれるか?

先日、車を運転中に交差点で信号待ちをしていました。

横断歩道を通過した自転車に乗った人が何かを落としたようです。

 

それに気づいた、バイクに乗っていた方は、

さっと、落ちたものを拾いましたが、

相手は自転車です。

もう少し離れたところまで移動してしまっています。

 

信号が赤なので、バイクで追いかけることはできません。

何とバイクの方は、

バイクを端に寄せて、全力疾走をしたのです。

ヘルメットをかぶったまま…。

自転車の方は、そんな事が起きているとも知らずに、

どんどん進んでいきます。

 

結局、二人とも見えなくなってしまいましたが、

後ほど、車で通過すると無事、追いついていました。

 

格好いいじゃないですか!

ヘルメットをかぶったまま走る。

 

事情が分からない人からすれば変人かもしれません。

でも、バイクの方は、僕の中ではヒーローです。

憧れます!

 

こうして、身の周りを見ると、

あなたの周りにもたくさんのヒーローがいるはずです。

しかも、ちょっと頑張れば、自分もヒーローになれそうな…。

 

こんな事を大人が大事にして、

次の世代に伝えていく。

これはとっても重要なことだと思います。

 

そして、実はこうした「人の見方」をしよう!って

決めた大人がどうやらたくさんの発見をするようです。

 

私が個別に関わっている方々には、

こうしたモノの見方について

もっと深い部分をお伝えしています。

 

そして、子育てについて個別に関わった方々全員が、

やっぱり子どもって、自分でどんどん成長する力があるね。

子育てを難しくしていたのは、大人だったよね。

などと言われます。

 

こんな言葉を聞く度に、

こうして発信をして良かったなぁとつくづく感じます。

 

今、私は以前のように、

変に思われないだろうか?なんて気持ちは一切ありません。

自分が変なのですから(笑)

 




この記事を書いている人 - WRITER -
「気持ちと言葉でビジネスが変わる」という発想を教える人。教諭からビジネスの世界に入り、ツールや方法をメインにするな!と強く感じる。気持ちが変われば言葉が変わるからだ。【愛するもの】WPで想いを発信しているグループのメンバー・自作のベーコン・懇親会

Copyright© 子育て大変ですか? , 2017 All Rights Reserved.