好きなことを好きなだけ…そんなことをさせる勇気がありません。

子育てで大切なことは、たくさんありますが、

その中でもよく言われる

「好きなことを好きなだけさせたらいいよ。」

ってことですが、

好きなことをさせると、本当にずっとやっています。

宿題や食事などやらなくてはいけない事も全く見えていないようですから、

「好きなだけさせる」なんて勇気がありません。

 子どもってそうですよね。

大好きなテレビゲームでもしていれば、

お腹も空きません。眠くもなりません。

さらに、面白い人になると、

暑さ・寒さも分かりません。

ところが、

勉強中は

よくお腹が空くし、寒さ・暑さにも敏感になります。

 

それほど、人は好きなことであれば、熱中しやすいとう性質がありますから、

「好きなだけさせる」なんて勇気がないのも良く分かります。

 

 

なぜ、「好きなだけさせること」が大切なのでしょう。

これは、子育てという視点を外して考えると分かりやすいです。

例えば、あなたは魚釣りが大好きだとします。

魚の名前やそれぞれの魚が好む餌、基本的な生態について、

覚えるのに苦労と感じるでしょうか。

むしろ、楽しみで仕方がないといった感じではないでしょうか。

本当は毎日でも魚釣りに行きたいけれど、仕事があっていけない。

だから、平日は魚釣りの本を読んだり、DVDを観たりする。

 

これも楽しみの一つになっていくはずです。

この時間は、あなたにとって幸せな時間でもあり、

かなり集中できる時間となるわけです。

そして、誰かに魚釣りについて質問でもされると、

生き生きとして魚釣りについて語るのではないでしょうか。

 

 

反対にこういった時間が無駄だと決められるとどうでしょう。

大好きな魚釣りについて学び、実践したところで、

プロではないあなたは、稼ぐこともできません。

周りからは「そんな無駄なことばかりして…」

言われるかも知れません。

だからといって、釣りに触れることを辞めるとどうでしょう。

生活のために仕事に行き、家では家事を頑張る。

でも、なんだかつまらない…。

 

こんな感じになってしまうのではないでしょうか。

これでも、仕事も家庭も上手くいっている間はいいのですが、

何か問題が起きると、

「俺って何もできないや。つまらない人間なんだぁ。」

自己否定が始まってしまう可能性が高くなります。

 

 

上手くいった体験をたくさん積むと?

あなたは、魚釣りについては自信をもって語れるようになりました。

友達からも「やっぱり詳しいね。話が聞けて良かった。」

なんて、言われると嬉しくも感じることでしょう。

この感覚がとても重要なのです。

誰でも、生活をしていれば次の問題に出会うことが出てきます。

この時に、

魚釣りについてどうやって学んだのか、

自分はどうすれば自信がもてるようになったのかを知っていれば、

行動に移すことができるでしょう。

 

自己否定の強い

「どうせ、俺は何をやってもダメなんだ…」

という人との大きな違いとなるのです。

 

 

子どもの場合は、少し後押しが必要なこともあります。

特に子どもは、次から次へと、理想を求めていきます。

ですから、問題に出会う可能性は随分高くなります。

野球が上手になりたいけれど、なかなか上手くいかない。

と、いったことが日々起きるわけです。

場合によっては、ひどく落ち込んでしまうこともあります。

 

この時に、上手くいった経験があると、

そんなこと言って落ち込んでいるけど、ドッジボールはかなり上手じゃない?

どうしたら、ドッジボールが上手になったか、思い出してみたら?

と、声をかけることができます。

このベースを作るには、好きなことをするのが一番早いのです。

こうして上手くいった体験を次々と広げていくことができると、

自己価値がどんどん高まっていくのです。

 

 

とは、言っても時間には限りがありますから…。

本当は「好きなだけ」好きなことができるといいのですが、

絶対に寝ないといけないし、食事も食べないといけないでしょう。

宿題だってありますから、

何時までそれをするのか?については、

先に自分で決めてから、好きなことをすることが良いと思います。

 

 

記事を書いている人

渋谷 浩一郎
渋谷 浩一郎地味にコツコツ事業を伸ばす物書き屋
理想の実現、事業を伸ばすのに重要なものは「想い」 Webの活用でも、何を発信するかが重要。 あなたの想いを引き出し、目に見える形にするのが得意。 ビジネスを伸ばすセッションは、ヤバい!が連呼される。 現在、建築メーカー冊子の連載・WordPressで想いを伝えよう!グループを運営する他、朝6時から生徒と一緒に勉強をするなど独創的な取り組みを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommend
No articles