子どもも大人も挑戦したらええ!

衝撃のベーコンに出会ってしまったんだ! 冬だからベーコン(1)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
「気持ちと言葉でビジネスが変わる」という発想を教える人。教諭からビジネスの世界に入り、ツールや方法をメインにするな!と強く感じる。気持ちが変われば言葉が変わるからだ。【愛するもの】WPで想いを発信しているグループのメンバー・自作のベーコン・懇親会



気温が低くなると、我が家では、

今年もベーコンを作る?

どのくらい作ろうかなぁ…?

いやいや、まだ雪が積もってないし冷蔵庫に入らないからまずいよー

なんていう一般家庭では耳にしないような会話が行われます。

 

そもそも、ベーコンなんて作れるのか?

どうやって作るねん!

なぜ、冬にベーコンを作るのか?

こんな話題を初めて耳にした方は謎がいっぱいではないでしょうか。

そんな謎をシリーズでドドーンっと一挙に公開!

 

どうぞ、楽しく読みながら、ご家庭でもトライしたい方はぜひベーコン作りにチャレンジしてみてください。

 

なんでベーコンなんかわざわざ作るねん!買えばいいじゃん!

もともと、ベーコン作りに強い関心があったわけでもありません。

きっかけは、こちらの尊敬する変人!との出会いだったのです。

山本工房(三重県)
ご自分の住まいはもちろん、
こんなナイスなツリーハウスまで
ご自分で作ってしまう尊敬する変人

こちらの山本さんの家で雑談をしていると…

職人系の山本さん

先生よー、そろそろ寒くなるからベーコン仕込まなあかんなぁ…

先生も食べるんだったら、たくさん肉注文しとこうか?

会話の意味がわからない渋谷

どういうことですか?

ベーコン仕込むって大量に作るんですか?

職人系の山本さん

当たり前やがな。

ちょっと作るも、たくさん作るのも手間は一緒やんか。

バラ肉何頭分買うか、先生の意見で変わるやろ!

山本さんは、精肉店でも加工肉の業者ではありません。

家具職人・ボタン職人さんのご夫婦です。

当時は、この意味不明な会話についていくのがやっとでした。

 

前に仕込んだやつがあるから食べて見るか?

 

そう言って、ベーコンを出してくれました。

ただでさえ、おしゃれな部屋なのに…そこに手作りベーコンが出されると、

超贅沢な気分です。

 

一口、ベーコンを食べてみて私は山本ベーコンのファンになりました。

今まで食べてきたベーコンは何やったんだーー!

生ハムのような食感がありながら、燻製の香り…。

ベーコンというものの概念が一口で変わってしまった瞬間だったのです。

これが自分で作れるのであれば、作ってみたい!ということで作り方を教わろうとしたのですが…

ベーコンファンの渋谷

師匠!これはどうやって作るんですか?

レシピみたいなものがあれば教えてください。

師匠の山本さん

塩してなぁ、燻製にしたらええやんか!

ベーコンファンの渋谷

そんな適当なことでこの味にはならないでしょ!

師匠の山本さん

ざっくりしすぎたかなぁ。

本当はな、ベーコン作りがうまい人っていうのは、塩の刷り込み方が違うんだよ。

あっ、それに燻製中の温度っていうのもかなり重要だわ。

そういえば、結構細かいことも気にしながら作ってるわ。

結局、話でごちゃごちゃ言っているよりも、

実際にやった方がいい!ということになって、

豚肉が手に入ったら、作業を一緒にしよう…という話になったのです。

 

それにしても、塩の刷り込み方が違うって…全く意味がわかりません。

 

あなたはベーコンの起源を知っているだろうか?

思わず絶叫してしまうようなベーコンに出会ってしまうと、

誕生の起源っていうものが、私の場合に気になるものです。

 

ベーコンが誕生した背景

長い航海用の食料として塩漬けされた豚肉が船内に持ち込まれ、それを炙って食べていたのがルーツだと言われています。

偶然、煙に燻された状態になった豚肉がとても美味しく、日もちもすることもわかりました。

また、冬が厳しいドイツなどでは、冬の食料の確保が難しく、家畜である豚を解体して保存の効くベーコンにして人々は冬を乗り越えたそうです。

残酷な話かもしれませんが、当時の人々はあらゆる手段を使って生き延びようとした逞しさも私は感じます。

 

美味しいものを食べて、衝撃を受けながら人の逞しさをしみじみと感じること…

超贅沢なことだろうなぁと思います。

この贅沢極まりない幸せを感じるために、気温が下がったことを喜び、寒い中で作業をするのです。

 

そろそろ、豚バラ1頭分が我が家に到着する頃です。

しばらくは気温が上がらないでくれー!なんて願うばかりです。寒がりだけど。

寝そべっていられるのも今のうち…お肉が到着したら忙しいぞ!

次回からは、実際どうやって作るのかドドーンと作り方を公開しまーす。



この記事を書いている人 - WRITER -
「気持ちと言葉でビジネスが変わる」という発想を教える人。教諭からビジネスの世界に入り、ツールや方法をメインにするな!と強く感じる。気持ちが変われば言葉が変わるからだ。【愛するもの】WPで想いを発信しているグループのメンバー・自作のベーコン・懇親会

Copyright© 子育て大変ですか? , 2018 All Rights Reserved.