意外と知らない?大きなデーターを超簡単に送る方法!

便利なネットツール
渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする

現代はネット社会!何かと言えば、「それをデータで送って…」と言われるものです。

もちろん、メールにデータを添付して送るという事も多々ありますが、たくさんの写真をまとめて送りたい時や動画を送りたい時に困ってしまいます。

しぶやん
しぶやん

えぇー!

こりゃまずいなぁ。

どうしたらいいんだ?

あなたもきっと、こんな経験をした事があるはずです。

ですから、ここでは、ギガファイル便というサイトを使ってなんと100ギガまでのファイルを相手に送る方法ちょっと変わった利用方法を紹介します。

有名なサイトですから、「なんやー!そんな事は知ってるわー」って方は、この先を読む必要はありません。

時間は超貴重ですから、他の事にお使いください。

 

スポンサーリンク

ギガファイル便を使って大きなデーターを相手に送る

  1. ギガファイル便にあなたが送りたいデータをアップロードする。
  2. ダウンロード専用のアドレスが自動的に発行される。
  3. 発行されたダウンロード専用のアドレスを相手にメールなどで送る。

たったこれだけのステップです。

パソコンを触るのが苦手というあなたも絶対にできる事なので、必要な時に是非、チャレンジしてください。

それでは、ここから具体的な操作を丁寧に解説して行きましょう。

ギガファイル便に送りたいデーターをアップロードする。

まずは、ギガファイル便にアクセスします。

GigaFile(ギガファイル)便
無料大容量ファイル転送サービスGigaFile(ギガファイル)便!「1週間~30日」選べる4種類のファイルの保持期限に加え、1ファイル100Gまでアップロード、共有可能!もちろん容量無制限でアンチウイルス装備。会員登録も不要です。

この様な画面が出てきますので、赤枠内の部分にファイルをドロップします。

たった、これだけで概ねの作業は完了です。

 

自動に発行されたダウンロード専用のアドレスをコピーする。

ファイルをドロップし終わると、自動にアップロードが始まり、しばらくすると、ダンロード専用のアドレスが発行されます。

この様なアドレスですから、知らない人に勝手にアクセスされる危険性も少ないと思います。

(ただし、100%安全とは言い切れません)

https://17.gigafile.nu/0124-ce9d1138b1678c02a1bf94b79d64×××14

さらに、安全性を高めるのであれば、ダウンロード用のパスワードを設定しましょう。

また、Email以外のツールで相手に知らせる場合には、ダウンロードするためのアドレスをここでコピーして起きましょう。

 

コピーしたアドレスを先方のメールやLINEなどに送る

あとは、ダウンロードするためのアドレスを、EmailやLINEなどを使ってデータを送りたい相手に伝えます。

もちろん、パスワードを設定した場合には、パスワードも伝える必要がありますが、Emailで伝える場合には、下の赤枠部分に相手のアドレスを入力するだけです。

LINEなどの他のツールで送る場合には、ダウンロードするためのアドレスとパスワードをコピペして送る必要があります。

 

たったこれだけで、作業は完了です。

 

ギガファイル便のデータを受け取る方法

こちらも全く難しい事はありません。

この様なメールが届きますので、指定されたURLにアクセスします。

 

パスワードが設定されていない場合は、下の画面の「ダウンロード開始」ボタンを押すだけ。

パスワードが設定されている場合には、ダウンロードキーを入力してください。

これで大きなデータも簡単にやりとりができます。

 

ところで、セキュリティーは大丈夫なの?

この点は、誰もが気になるところでしょう。

ギガファイル便のようなファイル転送サービスは、サーバーを利用するために100パーセント安心と言い切る事はできません

ただ、自動に生成されるアドレスも複雑であり、またパスワードも設定する事ができるので、概ね安全だろうと思います。

また、データのやりとりが終わった後に、ギガファイル便上のデータは削除する事が可能なので、アップロードからダウロードまでの時間を短くすればするほど、セキュリティー面のリスクを軽減させることが可能です。

しぶやん
しぶやん

今、ギガファイル便にデータを載せました。

いますぐ、メールにダウンロードアドレスをなどを送りますから、すぐにダウンロードして、完了したら削除してください。

おじさん
おじさん

よっしゃ!

それなら、サーバー上にデータがある時間はめっちゃ短いしな。

誰かに盗まれてしまうという、リスクはかなり低いやろなぁ。

こんなイメージですが、こうしたファイル転送サービスを利用しても問題ないファイルかどうか…ってあたりは、吟味する事は大切だと思います。

 

僕が行っているちょっと特別なギガファイル便の活用の仕方

今は、オンラインツール(Skype・Zoom・Googlehangouts)などを使って、どこに居ても打ち合わせができる様になってきました。

ところが、こうしたツールを使って打ち合わせをするにしても、時間の壁という物があります。

しぶやん
しぶやん

明日でしたら、13時から15時の間ならなんとか時間確保できますが。

おじさん
おじさん

うぁー、その時間帯ですか。

ドンピシャで別の要件が入っているんですよ。

こうして、スケジュールの都合を擦り合わせるのも大変ですから、話題が明確な時には、音声データーを吹き込んでいただき、ギガファイル便で送ってもらっています。

例えば、「夏に考えている企画について相談がある」と言った場合、もちろん、企画案など文書が既に出来上がっている場合は、文書で問題ありませんが、まだまだ構想段階という時には、音声でイメージを語っていただく様にしています。

お互いにスケジュールが合わない時に、「では、メールで…」とすると、ついつい膨大な量の文字を打ち込む事になり、意外と時間取られてしまうケースがあります。

ですから、気軽な気持ちで音声を吹き込んでいただき、ギガファイル便で送っていただいています。

文字を打つよりも圧倒的にたくさんのメッセージを聞くことができる上に、音声の背後に隠された「想い」の様な物も伝わって来るためにこの方法は大好きなのです。

 

まとめ

ギガファイル便がある事で、何度も救われましたので、紹介しました。

そして、ここで少し考えてみたいのが、「有料のサービスだったらどうか?」という事です。

途端に利用者が少なくなるのではないでしょうか。

実際、100Gもの容量をご自由に使って…というのは大変勇気がいる事かもしれません。

ところが、思い切って無料にする事で、たくさんの人に支持されています。

そして、大きな広告収入を得る事に成功されています。

とにかく、存分に提供する。

このツールから僕は改めてそんな事を学びました。

  • ギガファイル便を使えば100Gのデーターだって簡単に送ることができる。
  • 100%安全とは言えないが、かなり安全にも配慮されている。
  • 工夫次第で、様々な使い方ができそうだ。

もちろん、似た様なツールでドロップボックスがありますが、こちらは、1対1では無く、グループで情報を共有する時に利用しています。
こうしてツールを使い分けないと、ドロップボックスなんかはすぐに一杯になってしまいますから。

渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする
便利なネットツール
スポンサーリンク
シェアしてくれたら喜びます!
ことば屋