本当に稼げるの?ブログを書き続けるメリット4つを紹介!

文を書く
渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする

ブログを始めてみたけれども、なかなか継続することが難しい。

何を書いていいのか分からない。

書いてはみたものの全然アクセスがない!

いろいろ思うことはあると思います。

今、2018年10月現在、このブログも大幅な工事・リライトをしていますから悲惨な状態ですが、ブログを運営して見て本当に良かったなぁと思っています。

何が良かったのか、そして何が大変だったのか…ここで紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

あなたが事業をしている、またはするのであればBlogは必須!

Blogを運営をする良さについて語る前に、大前提を伝えておきます。

Blogを使わずに事業をするのはチャンスを逃しまくるようなもの!ってことです。

早速、その理由を見ていきます。

 

あなたは今日何度インターネットに接続しましたか?

もちろん、スマホからのアクセスも含めてです。

きっと10回以上は、インターネットに接続しているはずです。

そして必要な情報を取り出して、楽しんだり何かに役立てたりしているはずです。

  • 近くにあるランチが食べられるお店を探す。
  • 仕事で必要な資料を検索する。
  • YouTubeで面白い動画を見る。
  • 今、萌えているゲームをする。

例を挙げればキリがないほど、利用しているわけです。

多くの人がそうして情報を受け取る側として利用しているものにあなたの商品やサービスが掲載されないというのは、認知をしてもらうチャンスを大幅に失っているということになるわけです。

 

新聞やテレビを見ない人が増えている!

これは生活をしながらあなたも感じているのではないでしょうか。

以前は、新聞を取らないなんて非常識だ!と言わんばかりの風潮でしたが、今は新聞を取らない家庭もずいぶんと増えてきました。

そして、テレビも多様化して、有料のサービスを利用する人やYouTubeで十分という人が増え、従来あったテレビの概念が崩れようとしています。

僕もテレビを見ることは一切ありません。

そんな暇がないというのもありますが、必要な情報はインターネットで取り出すことができるからです。

 

こうした背景も踏まえると、あなたが何か事業をしているとか、これからやりたいことがあるのであれば、Blogを運営するということは必須なのです。

 

Blogを運営したら収入が得られるのですか?

こうして、Blogを運営したり、会社などの情報発信に関わっていると、Blogを書いたら収入が得られるのですか?とか儲かるのですか?といった質問を受けることがあります。

答えは、儲かるし、儲からない…。

これは、単純な話です。

YouTuberの方をイメージするととても分かりやすいです。

YouTuberの方でも、ものすごい収入を得ている方もいれば、数千円という方もいらっしゃるということです。

ですから、Blogを書いたら儲かるとは言いません。

Blogを書き続けて、あなたがあなたらしさを発揮できた時に、収入が得られるということです。

僕の場合でいうと、Blog記事を書くとお金が発生するという会社さんもあれば、運営全体を任せた!と言われるケースもあるということです。

セミナーなどでは、詳しく話をしていますが、大きなビジネスをしている会社ほど、儲かるからやる!という発想はしていません。

とにかく価値を本気で提供をし、後からお金が発生するという流れが見事にできています。

この発想はBlogの運営でとっても重要なことです!

 

Blogを書くと1日1日が今まで以上に大切に感じられる!

Blog記事を書くというのはそれなりに時間を要します。

ボリュームのある記事だと、3時間・4時間かかることはザラにあります。

また、書くネタをどこからか見つける必要があります。

 

もしあなたが、英会話教室をしていてブログを運営しているとなると、通常の生活をボーッとしていては、記事が書けないわけです。

精々、今日の教室で行ったレッスンの様子を紹介するような記事しか書けない訳です。

ところが、何か面白い切り口で英会話と結びつけられないかなぁ…?

と思いながら生活をしていると、たくさん記事ネタが見つかる訳です。

  • Googleが翻訳機能を充実させてきたから英会話は不要?
  • なぜ海外の人は、多言語を話すことができるんだ?

ちょっとした風景の中から自分の仕事と関連付ける目が育っていくのです。

僕の場合、こんな意識で生活をしていますから、1日1日が発見の連続なのです。

受験生の頃より、今の方がたくさん楽しく勉強をしているなぁと感じるのです。

Blogを運営していなかったら、こんな視点をもつことはできなかったでしょう。

 

言いたいことをどう表現すればいいか学べる

仕事をしているとお客さんなどに対して、言葉で返答をすることが大切になります。

ところが、言いたいことはあるけれどどう表現していいのか分からない…と感じたことはあなたもあるはずです。

Blogを書くことは、常にこのジレンマとの戦いになる訳です。

ただ、こうした視点に悩んだり、こんなことを言ってしまってもいいのかなぁ…って悩んだからこそ表現できる技術やマインドが身につくのです。

この悩みなしで、表現がどんどん豊かになっていくことはありません。

 

ある凄腕の営業ウーマンがこんな話をしてくれました。

今は、いろんなお客様がいてありがたいことなんだけど、最初なんか全然ダメでしたよ。

一体、何がいけなかったのか、何度も落ち込んだものです。何より私のトークがダメだったおかげでお客様の時間を奪ったことも悔しかったんです。

さすが、凄腕の営業ウーマンだけあって相手のことを真剣に考えられているなぁと思いました。

ところが、Blogはどれだけ下手な記事を書こうが、相手の時間を奪うことはありません。

時間がもったいない!と思われた方は、その場でページを去ればいいのですから。

密かに相手を意識しながら、自分の表現を磨いていけるのがBlogなのです。

 

自分を信じることができる様になる

最後は、もっとも重要なことです。

Blog記事を頑張って10記事くらいを書くことは誰だってできます。

ところが、10記事程度では検索にヒットすることなんてほぼありません。

時間を掛けて頑張ってきたのに…って萎えてしまう訳です。

 

先日、バカみたいな話ですが、どうしても表現したいことがあって250ページほどの冊子を作りました。

これは仕事としてではなくて、好きで作ったものです。

途中、何度もやめようかと思いました。

膨大な時間はかかる上に、表現したいことがうまく表現できているかも自分では分からない…。

仕事でもないですから、途中でやめることも簡単です。

でも、なんとかやり終えて、数人の方から感想をいただいた時に「書ききって良かった」と心から思えたのです。

自分でやると決めて、収益があるとかないとかに関係なくやりきることができた時に自分をより深く信じることができるようになるのです。

 

Blogも全く同じです。

最低でも100本!

時間はかかっても運営する以上書ききった時に得られるものがあるはずです。

それが、200本・300本と増えていくに連れて大きくなるのだろうと思います。

 

Blog運営をして得られるもののまとめ

  • 人によるけれども収入が得られる
  • 1日1日が発見の連続になり、貴重なものに変わる
  • 表現の技術が身に付き、工夫しようと考える習慣が手に入る
  • 自分を信じることができる

 

最後に…Blogが全てだという生き方はつまらない!

ここまで、たくさんBlog運営をして得られた思うことを書きました。

僕はBlogを運営することは大切だとは思うし、必須事項だと思いますがそれが全てではありません。

一番大切なのは、誰かとお会いした時に、会話が楽しめることであったり、ビジネスの場合では、お会いしただけで仕事を依頼される様な人になるってことだと思います。

 

ブログをこうして書くってことは、時間を要します。

今、自分のブログ記事を書いても1円にもなりません。

それでも、書き続けていると見えてくるものがあるわけです。

 

僕でいうと、作文が書けないで困っている小・中学生の気持ちも痛いほどわかるし、事業用のホームページやブログを運営しているけれどもアクセスが少ない…ヤバい!って方の気持ちも分かるわけです。

で、一緒に対策を考えたり、テスト的にいろいろ試したりして問題が突破できたらそれは最高に嬉しいわけです。

そんな事を振り返ると、Blogってものを通して誰かと出会えたことが一番の財産かなぁって思うのです。

 

また、どこかで、あなたと出会えることも楽しみにしています。

渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする
文を書く
スポンサーリンク
シェアしてくれたら喜びます!
ことば屋