SNSを使ったイベントの告知文・案内文を書く時に知っておきたい事

文を書く
渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする

Facebookなどを使って、セミナーやイベントの告知をしたいけれど、どうやって書いたらいいのか分かりません。頑張って書いても反応が少ないんです、どうしたらいいですか?

こんな相談を受ける事があります。

また、こんな会話も気になるところです。

お姉さん
お姉さん

前はね、セミナーをすると言ったり、

ランチ会をすると言ったらたくさんの人が来てくれたの。

でも、最近は減って来ているの。

おじさん
おじさん

そりゃそうじゃないか!

誰だって、イベントを企画して告知できる様になったんだろ。

イベントの数がすごい増えているじゃないか。

お姉さん
お姉さん

じゃあ、どうしたらいいの?

と、言う事で、セミナーやイベントの告知文・案内文で工夫できる点を紹介していきましょう。

王道的な話もしますが、王道はもはや蔓延していますから、違ったアプローチも考えておくことはとても大切になるはずです。

 

本文にも書いていますが、こちらの動画でも解説をしています。

SNSを使って集客する際に知っておきたい事
スポンサーリンク

これだけは必須!案内・告知文のタイトルを考える時の材料!

例えば、先ほどのお姉さんがランチ会を開催するとしましょう。

この時の告知文のタイトルは、どんなものがいいでしょうか。

  • あなたもワクワク!Happy気分になっちゃうランチ会!
  • たった120分!売り上げが2倍に伸びるランチ会!
  • 特別ランチ会開催(ゲスト:櫻井翔・嵐)

どのランチ会に多くの人が集まるでしょうか。

きっと、櫻井翔さんがゲストで来られるランチ会だと思います。

もしかしたら、チケットが闇で高額取引される様な事態に陥るかもしれません。

(実際にそんなランチ会を考えている訳ではありません)

 

これらが、どう言うことを意味するのか?

結論から言うと、

コピーライティングのテクニックだけでどうにかしようと言うのは大間違い!

って事です。

 

素晴らしいコピーを思いつけば人が動く?

先に挙げた3つの例のうち、2番目には数字が用いられています。

コピーライティングの本を読んでも「数字を用いる重要性」は必ず書かれています。

また、あなたが参考に…と思って調べるセミナー告知文のタイトルを見ても数字が用いられていますから、最近では、多くの方が案内・告知文に数字を入れる様になって来ました。

さらに、僕は全く好きではありませんが、「スマホタップするだけで稼げる系」の情報商材のコピーを見てもほぼ数字が入っています。

スマホを5分タップするだけで月収20万円

つまり、あなたの周りには、反応が得やすいコピーで溢れているという事です。

これは、スマホの出荷台数が減少傾向にあるのと同じことです。

もう、情報発信側の方々は、数字を用いればいい!なんて事は十分に知っているために、スマホと同じく、告知文・案内文のコピーも受け取り側からすれば、飽和状態に来ている訳です。

ですから、以前ほど強い反応が得られなくなっていると言う事は確かです。

すごいコピーを思いついたから反応が得られるだろうとか、ランディングページの作成に50万円掛けたから人が集まるだろうと言うのは、大間違いです。

 

反対に凄いコピーじゃなくても多くの人が集まる!

ところが、先に挙げた例で言うと、3番目のコピーはどうでしょうか。

もはや、コピーと呼んでいいのかどうか分かりません。

むしろ、回覧板のお知らせ程度の見出しでありますが、大きな反応が得られることでしょう。

なぜか?

その理由は、超簡単です。

櫻井翔さんのファンがメチャメチャ多いからです。

つまり、

ファンがたくさん居たら、凄いコピーではなくても人は集まる

この点は、とても重要ですから覚えておきたい点です。

お姉さん
お姉さん

でもさぁ、私たちは芸能人じゃないのよ!

だから、やっぱり告知・案内文のタイトルって重要じゃないの?

あなたもそう思ったかも知れません。

もちろん、告知・案内文のタイトルってとても重要ですから、最低限、次の点を考える事をオススメします。

 

告知文・案内文を作成する時にクリアしておきたい事!

  • その会(今回の例で言えば、ランチ会)に参加したらどうなりますか?
  • どんな人に参加して欲しいですか?

これだけは絶対に明確にしておきたい事です。

 

参加したらどうなるのか?と言う視点で言うと…

  • ○○のジャンルの仕事をしている人との繋がりができる。
  • コラボで仕事をしたい!という方の参加が多いから、新しい仕事が誕生する。
  • 主婦の参加が多いから、育児について存分に語り合えて、気分がスッキリする。

こうした事を考えて行く必要があります。

人は変化やメリットを求めて行動しますから、それを分かる形で提示する事は、絶対に必要です。

 

どんな人に参加して欲しいのか?と言う視点で言うと…

  • 不登校で悩んでいる親の為にできる事をしたいと考えている人
  • 営業をしているが、営業成績が伸びずに困っている人
  • 創造的な仕事をしているために、新しい見聞を広げたいと思っている人

こうして、参加して欲しい人をイメージします。

どんな人に参加して欲しいかが、明確になれば言葉が出て来やすくなるためです。

ただ、ここで注意したいのは、人数にフォーカスする必要は全くないということです。

 

なぜ、セミナーの告知・案内文で人数にこだわる必要はないのか?

先日、こんなメッセージが送られて来ました。

1日1時間程度の作業で、安定的な収入(月20万円以上)が確実に得られます。巷には、詐欺商材がたくさんありますが、私たちは、なぜ、それだけの収入が得られるのか、きちんと説明する事もできます。渋谷さんは、ご興味ないですか?

ここで、あなたに考えて欲しいのは、仮にこの言葉で多くの人が動いた時に、どんな人が集まるのか?と言う点です。

この文面で興味があると反応した人は、

短時間でお金を稼ぎたい!

と言う人になります。

そこで、この案内をくれた方に質問をしてみました。

しぶやん
しぶやん

この文を見る限り、「短時間で稼げればいい」って人が集まりそうですが、そんな方々の集まりを目指していらっしゃるんですか?

おじさん
おじさん

そんな訳ないでしょ!

私たちのやっている事で困った人が救われたらいいなぁと思っています。

ここが、落とし穴です!

確かに、簡単な作業で本当にたくさん稼げるのであれば、たくさんの人の反応を得ることができるでしょう。

ところが、本当に「困っている人を救いたい」という気持ちを一番大切にしたいのであれば、反応が多く得られそうな案内文を書いて、多くの人が集まっても全く意味がないのです。

そこに集まる方々は、短時間でたくさん収益を挙げたいと思っている方々ですから…。

ですから、反応が得られそうな言葉を先に選ぶのではなく、どんな人に来て欲しいのかを明確にしたのちに、言葉を選定するべきだと思っています。

 

メルマガのリストだって人数が重要ではありません。

コピーライティング以前の地味なコピーでも反応はとれる!
情報を発信して反応を得るために必須と言われるコピーライティング。しかし、コピーライティングを学べば反応が得られる訳ではありません。

 

でも、反応が得られる人数を減らすには勇気がいるじゃないか!

おじさん
おじさん

そりゃ、その理屈も分かるけれど、案内文・告知文に反応する人数が落ちるじゃないか!

短時間で簡単に稼げると書いた方が人が集まるでしょ!

この気持ちも痛いくらい分かります。

僕も散々、悩んだこともあるし、失敗もしてきました。

ただ、あなたが考えている企画は、ファミレスの様でありたいのか?寿司専門店でありたいのか?と言う事は考えておきたいことです。

あなたがあなたらしく企画を運営して行くのであれば、寿司専門店のイメージを持っておく事はとても大切です。

寿司専門店なのに、最近客が少ないからと行って、流行りのステーキも焼くなんて事をしたらどうでしょうか。

余程の工夫をしない限り、客足は遠のいてしまうのではないでしょうか。

ですから、告知文・案内文を書くのであれば、反応の数を意識するよりもあなたのこだわりを頑固と言われるくらい全面に出し続けて、一人の人に届けることが大切なのです。

 

ここまでの内容をまとめると…

  • ファンがいれば、凄いコピーを準備しなくても人は動く
  • 反応が強いと思われるコピーを準備しても、意味がない場合も考えられる
  • 反応の強さだけを意識するのではなく、あなたが伝えたい事を誰か一人に届けることが大切

 

そうは言っても、もし、あなたが事業としてセミナーなどを行っているのであれば、のんびりと一人にメッセージを届けている時間はないのかもしれません。

ですから、案内文・告知文ができたならば、次の点に注意しながら拡散する事が大切です。

 

ファンを作るには?複合的に対策を考えることが必要になってくる!

大前提として、多くの人は売り込まれるのが嫌いです。

あなたが買い物に行った際にも「これがオススメですよ」「最近はこれが人気ですよ」と次から次へと言われたらきっと嫌な気分になることでしょう。

ですから、8割はあなたの考え、理念を伝えることに専念し、残りの2割で宣伝をする意識でいたいと思っています。

時々、フェイスブックやツイッターでひたすら告知を頑張っていらっしゃる方を見かけますが、その人の考え方・理念が分からないのに告知を真剣に読みません。

反対にいつも新しい発見や面白いアイディアを発信してくれている方が、何か面白そうな企画をしたと言うお知らせをされたら、もうそれだけで、日程の確認をする場合もあります。

ですから、告知文・案内文を作り込む事は重要ですが、実はそれ以上に普段からの情報発信の質というものも大切になる訳です。

 

例えば、育児に関するランチ会を開催したいのであれば、普段からあなたが行っている育児の工夫をたっぷりと発信しておくことが大切です。

料理番組を放送して、その隙間にキューピーマヨネーズのCMが行われている。

そんな感覚がとても大切になってくるだろうなぁと思います。

 

まとめ

セミナーやイベントの告知文・案内文について質問をいただく事があり、大切だと思う点をまとめて見ました。

つい、見落としてしまいがちなのは、集客ができた先も見ると言う点です。

  • セミナーやイベントの告知文・案内文だけで成果を狙うのは困難である。
  • 日常的な情報発信で、あなたのファンがいれば、凄いコピーは不要になってくる。
  • 反応の数だけに目を奪われてはいけない。人が集まった後の状態をイメージしよう。

 

さて、スターバックスの2019年幕開けの企画商品のコピーは…

2019年のはじまりを祝う、ごまの風味豊かなフラペチーノ

とってもシンプルなコピーでした。

もはや、スターバックスにはたくさんのファンがいますから、凄いコピーではなくても十分だろうなぁと思ってコピーを眺めていました。

そういえば、最近、ゆっくりとスターバックスでコーヒーも飲んでないなぁ…。

渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする
文を書く
スポンサーリンク
シェアしてくれたら喜びます!
ことば屋