僕がアメブロの運営をせずにWordPressを運営する理由

SNSの話
渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする

何か情報発信をしたいけれども、WordPressアメブロとどちらがいいですか?と言う質問を受ける事があります。

もちろん、どちらも優れた点があるために、今もなお普及し続けているのですが、

  • 仕事の事を考えて情報発信をするならWordPress。
  • 自分の日記、記録的な役割を果たすBlogならアメブロ。

こう答えるようにしています。

実は、僕もBlogと言うものの役割などが分からない時にアメブロを書いていました。

けれど、様々な理由があって、現在はこうしてWordPressを思い切り楽しんでいます。

なぜ、アメブロを辞めたのか?

たくさん理由はありますが、そのうちの3この理由を紹介します。

 

スポンサーリンク

あなたは誰に情報を発信したいですか?

適切な相手が重要

適切な相手が重要

インターネットを活用して情報を発信すれば、誰もがあなたの情報を見る事ができます。

当然、海外にいる人にだって情報を届ける事は可能です。

だからと言って、アメブロに記事を書いてもWordPressに記事を書いても同じと言う事はありません。

アメブロは主にアメブロユーザーさんに見られると言う特徴があります。

WordPressは、記事量が少ない間は誰にも見られる事はありませんが、ある程度の期間、ブログを運用していくと、検索した人が記事を見てくれるようになる傾向が強いです。

 

アメブロユーザーにはどんな人が多いのか?

一般的な方が個人の日記としてアメブロを活用されている場合がありますが、全体的に事業主が多い印象を受けます。

そして、中にはツール(アメーバキング2)というものを使って、アメブロ内の様々なブログを巡回して自動に「いいね」を押して行かれる方もいます。

当時、感心したのは、

素敵な記事ですごく共感しました。記事に書かれていた事についてもう少し詳しく知りたいと思いました。また、今後ともよろしくお願いします。

といったメッセージまでくださった事です。

これもツールの仕業で、こうしたメッセージを自動に送り、アクセスを集めている方が結構多かったのです。

こうしたツールの存在を知らない善良な人は、メッセージがもらえた事を喜び、中には一生懸命に返信メッセージを書かれた方もいると思います。

確かに、こうした方法を用いると自分のブログのアクセス数は伸びるでしょうが、こうした方法で一時的に自分の商品やサービスが売れても継続的ではありません。

どこかで、ツールに規制がかかったり、アメブロが仕様変更をしたら一環の終わりです。

何より、事業主同士で仕事の取り合いをしているような印象を僕は受けたわけです。

 

情報を届けたい相手は、育児に悩む人や情報発信に悩む人!

僕の場合、情報を届けたい相手は、育児や情報発信に悩む人です。

例えば、「子どもが反抗期を迎えたために親子関係がめっちゃ悪い!」と困っている人には、参考になる話をたくさんすることができます。

小学校のことであれば、学校と上手に付き合う考え方や成績のつけ方などあまり表に出てこない部分も含めてガッツリと情報を届けることができます。

情報発信に関する話は、事業主よりかも知れませんが、基本的には検索で調べるような方に情報を届けたいという思いがあります。

 

アメブロには広告がたくさん掲載される!

 

あなたもご承知の通り、アメブロにはたくさんの広告が掲載されています。

広告が掲載されていることで、運営されているのですが、この広告は結構な威力をもっています。

ブログ記事は丁寧に読まれないからこそ1点集中!

ブログを書くような方は、聞いたことがあるかもしれませんが、商品やサービスを案内するのにランディングページを作成します。

ランディングページを作成する時の大原則は、

1つのランディングページに1つの商品・サービスを!

です。つまり、余計なリンクを一切排除するのが鉄則の1つです。

画面を通して見る情報は、それだけ集中して見てもらえない傾向にあるということです。

それなのに、アメブロを用いると広告がバンバン掲載されるわけです。

 

あなたが広告主ならどう考えて広告を掲載しますか?

例えば、あなたがお寿司屋さんをしていて、アメブロに広告を掲載するとなると、当然クリックしてもらえるようなコピーを考えたり、画像を使用するはずです。

しかも、そんな広告バナーを作るのは、その道のプロ。

そういったものがバンバン、頑張って書いた記事の横や下に掲載されるわけです。

ただでさえ、ブログは集中して読まない傾向があるものなのに、魅力的な広告と闘わなくてはならなくなってしまうのです。

 

もし、このブログに記事を書いてくれるのなら歓迎します。

もう少し、広告について詳しく見ていきましょう。

このブログには、アドセンス広告というものを掲載しています。

広告がクリックされたら、収益が発生するというものです。

そこで、こういう企画を考えたとしましょう。

 

しぶやん
しぶやん

無料ブログがいいんだったら、このブログにどんどん記事を書いてくれてもいいよ。

おじさん
おじさん

まじか!

めっちゃ太っ腹な企画じゃないか?

なんでそんなに太っ腹なんだ?

しぶやん
しぶやん

だって、おじさんが記事を書けば書くほど、僕のブログのページが増えるでしょ。

そしたら、広告が掲載されるページもどんどん増えるし、僕の収入が増える可能性が上がるじゃない。

おじさん
おじさん

そ、そ、そんな腹黒いことを…。

しぶやん
しぶやん

そうそう、だから無料でもいいですよ。

記事はバンバン書きまくってくださいね。

僕はその辺のいい感じのホテルで食事でもして温泉に入っていますから。

あっ、だからと言って、僕の文句を書いたらどうなるかお判りですか?

即、記事を削除しますからね。

無料で使わせてあげるんだから、僕の都合のいいようにしますね。

 

おじさん
おじさん

あ、アホかーーー!

それなら、自分でブログ準備して自分で書くわ!

すごい、荒っぽい言い方になりますが、こういうことです。

頑張って記事を書けば書くほど、アメブロの運営側が喜び、利用者が多いからということで、スポンサーを呼ぶことができるわけです。

このアイディアを考えた人は、天才だなぁと思います。

 

ブログ記事の権利は、運営会社のもの

こうした例で見るとわかりやすいですが、アメブロの有力スポンサーが、美肌クリームの会社だとします。

そして、誰かが美肌クリームの使用感がよくないと記事を書いていたらどうなるでしょうか。

お姉さん
お姉さん

ちょっと!

うちの美肌クリームのよくないところがバンバン書かれているじゃないの?どういうこと?

しぶやん
しぶやん

も、申し訳ありません。

即、その記事を削除いたしますので、お待ちください。

広告の打ち切りだけは…ご勘弁ください。

 

こうしたことも起きる可能性があるということです。

それも、アメブロ運営側は、ちゃんと規約の中で明言されています。

当社は、理由の如何を問わず、会員に事前の通知・催告をすることなく、本サービスに関して、内容の全部又は一部の変更、提供頻度の変更、休止、廃止をすることができるものとします。ただし、会員サービスの全てを廃止する場合には、当社が適当と判断する方法で、会員に対し、事前にその旨を通知又は会員専用ページ上で告知するものとします。

当社は、会員サービス上のあらゆる情報を、運営上の必要な範囲内において閲覧することができるものとし、当該情報が本利用規約に抵触すると判断した場合には、会員への事前通知なく、当該情報の全部又は一部を非公開とし又は削除することができるものとします。

 

反対に、素晴らしい記事や写真については…

当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。

要するに、いい感じに使えるところはバンバン利用させてくださいね。

ってことです。

つまり、あなたが何年かかけて記事をたくさん書いても、記事の権利は運営会社のものということです。

いつ消されてもいいという覚悟が必要なのです。

アメブロをビジネス目的で利用するのも違反なわけですが、いつ消されるか分からない記事を書き続けながらビジネスをするのは、恐ろしいことだなぁと思います。

 

本来、ブログは書けば書くほど資産にすることができるもの

WordPressを用いたブログの運用は、最初が辛いです。

  • 自由度が高いために操作が難しい。
  • Googleのある程度のルールには従って行った方がいい。
  • お金がかかる。

ちょっと考えただけでも面倒なことは山ほどあります。

さらに、記事を書き出した頃なんて、誰も見てくてくれません。

検索結果を自分で調べてみても、こんな後のページなんか誰も見ないやんか!ってところに位置しています。

こんな地獄のようなところからでも、ただコツコツ続けていくと認知は高まります。

半年も地獄を味わえば、どんどん検索エンジンから人が訪れてくれるようになります。

検索エンジンから訪れてくれる方は、ツールを使っているわけではありません。

純粋にあなたが発信している情報を求めている人なのです。

こうした方々と出会えることが、とんでもない財産になるわけです。

 

そして、何より純粋に情報を発信し続けることで、自分自身が磨かれていきます。

僕も、何がなんだか分からない時に記事を書いていた時は、1000文字を書くのがやっとでした。

でも、今は割と自由自在に文字量は調整できます。

長編の何か物語を書け!って言われてもなんとでもできるわけです。

 

そんな話はこちらの記事を参照に!

本当に稼げるの?ブログを書き続けるメリット4つを紹介!
ブログをするメリットはビジネスの収益をあげるため!というのもあるかもしれませんが、それだけではありません。書き続けることでたくさんの学びがありました。収益以外に何が得られたのか?紹介します。

 

まとめ

 

アメブロを僕が運営しない理由について書きました。

  • アメブロの利用者さんの多くは事業主が多い。
  • ブログは集中して読まないにも関わらず広告がバンバン入ってくる。
  • 自分が書いた文章、写真が自分のものにはならない。

ただ、アメブロという存在があったからこそ、ブログというものの存在を知り、ブログを運営することも仕事の一つになっているということは、アメブロとの出会いにも感謝しています。

渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする
SNSの話
スポンサーリンク
シェアしてくれたら喜びます!
ことば屋