将来のための勉強?平均点以上の得点をとる事は将来の為になる?

ちょっと育児の話
渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする
周りの子ども達は、ほとんど全員が塾に通っていて、この前のテストも平均点が90点近くあったそうです。けれど、うちの子は、平均点を大きく下回っていたんです。
この子は、どうしたらいいんですか。
これから、どうやって生きて行くのでしょうか?

こんな相談がありました。

こう言われる気持ちも良く分かりますが、生きて行けるはずです。

死にはしません!

けれど、時代の変化が激しく、大人が子どもに向かって「大丈夫!」と言ってやれる場面が減ってきてしまったように感じます。

ですから、僕は、根拠が無くても「大丈夫!」って言うことがこれからより大切になるだろうと思います。

 

スポンサーリンク

勉強をしっかりして平均点以上の学力を付けることは必要なこと?

この様な事を言うと、「あっ!勉強は必要ないという立場ですか?」と言われる事がありますが、そんな事は一切ありません。

勉強をしないなんて、あまりにもつまらない生き方だなぁと思います。

ただ、平均点を超える、超えないを意識する必要性は、人によって全く異なるだろうと思います。

例えば、

受験が迫っており、志望校をそろそろ決定しないといけない…という時には、平均点と比較すると言う視点はとても重要です。

反対に、

特別な理由もないのに、他人と比較して、「これでは良くない」という不安を募らせる材料に平均点が用いられるのであれば、それはとても残念に思います。

 

そうは言っても、

受験が近づいた時に、急に成績を上げるのは無理じゃないか?

だから、常に平均点を意識して、勉学に励む事も大切になるのではないか?

こんな考え方もできます。

だからと言って、周りが「それでは、どうやって生きるの?」と不安を煽って、勉強をさせようとするのは、勉強をさせる方も疲れるし、させられる方は、ますます勉強が嫌いになってしまうのではないでしょうか。

 

流されるな!教育というものは、なかなか真実が見えないもの!

以前、京都市の小・中学校では、三学期制から二期制(前期・後期)が導入されたことがありました。

現場で働いている者にしては、大きな制度の変換でもあり、子どもや保護者もビックリされたことだろうと思います。

当然、なぜ、二期制(前期・後期)にするのか…説明がなされるわけです。

おじさん
おじさん

これからは二期制にします。

これまでは、子どもの様子を短期間で評価してきました。

けれど、それではいけません。

もっと、子どもをしっかりと見て、正しい評価をして行く事が大切です。

勉強で不安を感じている子の躓き部分もしっかりと見えてくる様にもなります。

また、子どもの実態に応じて、夏休み・冬休みを柔軟に設定する事で、授業時間も確実に確保することができる様になるのです!

それが、結果として学力向上に繋がるのです!

こうした説明がなされたのが、2006年の事です。

ところが、2018年からは、やっぱり三学期制にするという方針に変わりました。

理由は、多々あるわけですが、大きな理由としては、

  • 児童生徒の気持ちの切り替えが難しい
  • 評定配布と進路指導のスケジュールが合わない
  • 三学期制にしても授業時間は確保できる

という事出そうです。

以前、二期制がスタートするにあたり、たくさんの議論がなされましたが、残念ながらたったの12年でその幕を閉じる事になりました。

三学期制にしても授業時間は確保できるという部分には、ツッコミを入れたいところではありますが、ここで、考えたいのは、二期制にして飛躍的に学力向上が見られたなら、どうだっただろうか…という点です。

 

つまり、制度やシステムと言った「外的な要因」を変えて見たけれども、大きな変化は無かったということが言えそうです。

先生
先生

平均点より下回るってどういうことや!

それじゃ、これからの社会をどうやって生きていくつもりだ!

こうした言葉も良く言われますが、これも「外的な要因」ですから、あまり言う必要が無いだろうと思います。

 

外的な要因を並べて、無理矢理行動させると持続しない!

子どもはとても素直で、また力も弱いですから、無理矢理、勉強をさせる事は簡単です。

おじさん
おじさん

お前なぁ、その成績じゃ高校もいけんぞ!

分かっているやろなぁ。

今日から毎日3時間、勉強しろ!

横に俺がついててやる!

それから、週に2回塾に行け!

ついさっき、申し込んできたぞ。

こうすれば、大規模な親子喧嘩が起きるか、成績が少しずつ上がるかのどちらかでしょう。

ところが、こうして勉強させられた子どもは、勉強をし続けることができるでしょうか。

高校、または大学に入学した途端に学ぶ事を辞めてしまうようになります。

100%そうなるとは言えませんが、あなたもそんな人を見た事があるはずです。

 

多くの人が経験があるように、

自らダイエットをしないといけない!と思っても持続させるのが難しいのです。

それなのに、外的な要因を並べて無理に勉強をさせてもそれは持続しにくいと言う事です。

 

でも、勉強ができないと就職に困り、それこそ生きて行けないのでは?

確かに、学歴社会は問題があると言われて久しいですが、実際に学歴を見たり、試験を行ったりして採用の可否が決めらるケースがまだまだあります。

ところが、「就職をする」をゴールの様に考えている人があまりにも多いのが問題です。

 

大企業でさえも、永続する企業なんてほとんどありません。

大規模なリストラが話題になる会社もたくさんあります。

僕の場合、公務員の世界にいましたが、行政でさえも今はとても苦しい状況にあります。

小中一貫校が流行りの様に増えていますが、これも経費削減の一つの手段です。

 

10年後、または生涯の安定を得るために勉強するなら、それはつまらない事!

 

楽に仕事をして、たくさんの収入を得て、心配の無い暮らしをする為に勉強をするのであれば、大間違いです。

また、人の格付け(あの人は平均点より高いから凄い、あの人は平均点より低いから大したことが無い)と測る道具として勉強を用いるのであれば、勉強をする必要はありません。

 

どんなに優れた大企業であっても、最初は小さな会社であり、学び続け、その学びが社会で活用されたからこそ、大きく成長した訳です。

僕が、教諭になった時にもたくさんの方から、「これで人生安泰や!」と言われました。

でも、そんなつもりで「ただ出勤さえし続けていたら給与が振り込まれる」と言うつもりで仕事をしていたらどうなるか?

クラスはボロボロになり、子ども達の心は荒んで行くのです。

実際にそんなクラスもたくさん見てきました。

お子さんがいるあなたもそんなクラスを目撃した経験があるのかも知れません。

 

つまり、どんな仕事についても、「生涯安泰」なんて事はないのです。

けれど、僕はここで不安を煽りたいのではなくて、あなた自身は「生涯安泰」を手に入れることができると伝えたいのです。

それは、あなたが死ぬまで学び続けたら、生涯安泰!が手に入るという事です。

あなたが、ご飯を炊くのが得意であれば、それを追求すれば仕事になります。
あなたが、読書好きならとことん読みまくれば、読書で仕事をする事ができます。

僕の場合、文章を書き続けています。

このブログは、隙間時間を見つけて思うがままに書いていますが、仕事で書く場合は、もちろん様々な事を考えて書きます。

書き方の技、流行り、精神面…ずっと学び続けています。

ありがたい事に、仕事はたくさん抱えることができています。

 

どうやったら自ら勉強するようになるのか?

では、どうしたら自ら勉強をする様になるのか?

これは、親にとって永遠のテーマかも知れません。

もちろん、こんな悩みについては、過去にも多くの人が研究してきましたが、

○○をすると、自ら勉強する様になるなんて言う法則の様なものはありません。

ただ、周りが外的な要因を与えすぎて、内的に頑張ろう!っと子どもが思えるチャンスを大人がどんどん潰している様に感じます。

おじさん
おじさん

分かっているやろな!

その成績じゃ、高校に行けないって何度も言っているやろ!

とにかく今が一番大切な時だ。

やれ!勉強をやるんだー!

頑張れー。塾に行け!

先生
先生

確かにそうですね。

今が一番大切な時です。

好きな事は、高校に入学してからでもできますから。

とにかく、今は、試練を乗り越えるべきです。

中学生
中学生

小学校の高学年の時も「今が一番大切な時」って言われたよ。

で、今も一番大切な時なんでしょ。

そして、高校に入ったらまた、今が一番大切な時になるわけよね。

あぁ、大人って嘘ばかり!

勉強、勉強ってうるさーーーーい!

 

ですから、僕はあなたに次の二つのします。

なぜ、中学三年生の次に高校一年生にならないといけないのですか?

どうしても不思議に思うことがあります。

社会に出て、仕事をするとなると様々な年齢の人と仕事をします。

学歴や専門性も全く異なる人と仕事をするケースの方が多いのではないでしょうか。

けれど、学校の進学については、同級生と同じ状態を目指す人がほとんどなのが不思議なのです。

 

高校だって、行きたい高校があるのに学力が足りないのなら浪人しても問題ありません。

こんな事を言うと、「周りと違う生き方になって可哀想」と言った方がいましたが、無難さだけを求めて、仕方なく3年間高校に通う方がよっぽど可哀想に思えます。

「浪人してでもその高校に絶対に行きたい!」って言える子どもの方が格好いいなぁって思います。

そして、実際に浪人することになれば、どんな暮らしになるのか…?

地獄です。だから、いいんです。

たった一年間、回り道をしても、地獄を見てもどうって事ありません。

僕なんか、浪人をした上に大学は3回も留年していますが、こうしてBlogも書いて楽しめているし、教諭を辞めてもまぁ、食べて行けています。

それに、こんな汚れた経歴ですが、大学教授からの仕事の依頼も受けています。

 

目先の平均点や成績ばかりを気にしている方の多くは、子どもが地獄を見る覚悟をしていない様に思います。

あなたが、子どもと一緒に本気で地獄を見る覚悟が決まった時に、あなたが言う言葉「本気で頑張れや!」がしっかりと伝わり、行動が変わるのです。

地獄を見る事になるかもしれないけど、大丈夫や!って本気で言える事が大切なのです。

 

何のために勉強をしなさい!と言うのかはっきりとさせていますか?

これは、多くの大人も学校の先生もごまかしばかりです。

教育委員会の偉い人の多くもごまかしています。

しぶやん
しぶやん

子どもに何で勉強するの?

って質問されたらどう答えますか。

おじさん
おじさん

学力が低かったら、それこそ就職に困るやろ。

就職に困ったらどうやって収入を得るんだ!

現実は厳しいんだ!

しぶやん
しぶやん

じゃあ、

お金を稼ぐために勉強する必要があるって事ですか。

おじさん
おじさん

いや、そうじゃない。

金を稼ぐための勉強じゃないだろ!

あなたもこんな流れの話は耳にしたことがあると思いますが、これで納得できるでしょうか。

子どもは、納得した振りをして、大人に付き合ってくれているだけです。

勉強をして得られるものは、かなりたくさんあります。

それらのうち、どれか一つでもごまかす事なく、子どもに真剣に伝える事が大切なのです。

 

僕の場合は、

勉強をすればするほど、膨大な時間を手に入れる事ができる

と、今なら伝えたいなぁと思っています。

どう言う事なのか…一度、あなたも考えてみてください。

 

こちらの記事も参考に!

先生!「勉強をする意味が分からない」って言われたらどう答えますか?
なんで勉強をする必要があるのか?この問いに答えるのは難しい。答えはたくさんあるだろうし…。教師の頃ももちろん勉強をする意義って考えていたけれど、深くは考えられていなかったなぁという反省も含めて考えてみました。

 

まとめ

勉強をする価値が、近年大きく揺れている様に感じます。

そこで、今(2018年現在)の僕の考えを書いてみました。

激動の時代ですから、5年もすればまた大きく考えが変わるかもしれません。

けれど、将来のことや勉強についてそれぞれが考えると言うことはとても大切だと思います。

  • 平均点を見るという考え方は時には必要だが、活用の仕方は間違ってはいけない
  • 外的要因で何とかしようとしても大した結果は得られない
  • 自ら勉強する子どもに育てたいのであれば、地獄を見る覚悟をしよう
  • なぜ勉強する必要があるのか?あなたなりのごまかしのない答えをもつ必要がある

最近、時間に追われていますから、ますます勉強をする必要があるなぁって思っています。

これは、自分の内面からフツフツと湧いてきた感覚ですから、内的な要因だろうなぁなんて自分を褒めているところです。

渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする
ちょっと育児の話
スポンサーリンク
シェアしてくれたら喜びます!
ことば屋
タイトルとURLをコピーしました