成果が出ているブログが絶対に実践している1つの考え方!

こだわりライフ
渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする

ブログをコツコツと書いている多くの人は、なんらかの形で、自分のビジネスと関連付けていることがほとんどだと思います。

会社として一つのブログを育てよう!という意識で運営されている会社は、メキメキとアクセスが伸びてきています。

ところが、個人でブログを運営しているとなると、伸びが悪いように感じます。

これまで、散々記事を書いてきたけれど、全然アクセスが無いんです…っていう相談もありました。

個人でブログを運営したらBlogの成長が悪く、会社として運営をしたらBlogがよく育つ傾向にある理由とは…?

ここを明確にすることができるとブログ運営のヒントになるはずです。

 

ここではっきりと結論をいいます!

ブログを運営するのが仕事の一環だという意識だとアクセスは必ず伸びる!

 

これはどういう事なのか…もう少し詳しくみていきます。

 

スポンサーリンク

何を言っているんだ!会社で運営すれば記事量がすごいじゃないか?

当たり前の話ですが、記事量はとても重要です。

こちらの記事にも書きましたが、Googleは読者にとって価値あるページを検索上位にもっていけるよう日々、システムを研究しています。

SEO対策って深い!だから簡単そうに言うな!その理由とは?
SEO対策って言葉がありますが、何か対策を講じたらそれでいい!って事はありません。どうもいろいろと話を聞いていると簡単そうに言う人もいますが、それは大きな間違いです。その理由をお伝えします。

 

じゃあ、ブログ記事が10しかないブログと、記事が200あるブログとどちらが強いか?

ブログが誕生して1ヶ月しか経過していないものと、5年経過したものとどちらが強いか?

当然ですが、よほど記事の質に大きな違いがないのであれば、

記事数が多くて運用期間が長いものが上位に表示されやすくなります。

ところが、個人でブログを運営している方なら痛いほど分かると思いますが、100記事書くのも辛く、長い道のりなわけです。

しかも、60記事くらいまでは、なかなか検索からのアクセスも伸びず、なんじゃこりゃ?っていう状態ですから、モチベーションにも影響が出やすい。

 

仕事として、複数人で運営しているブログは勢いが凄い!

例えば、ママリというサイトがありますが、2018年11月2日、たった1日で15記事以上が新しく投稿されています。

mamariより

mamariより

 

相当なアクセスを集めているTABILABOさんもそうです。

複数人で運営するのはもちろんの事、イラストレーターさんやライターさんなどを募集しています。

TABILABOさんより

TABILABOさんより

つまり、パワーがあるBlogというのは、もはや無料で情報発信っていう感覚ではないのです。

時間・エネルギー・費用・技術…それらを総動員してブログを育てているという事は忘れてはいけません。

僕も明日は、面白い商品の記事作成のために、ちょっと遠方に出向き、撮影や対談の様子、商品を制作している現場などガッツリと拝見させていただきます。

 

うちは営業マンがいない!だから、営業のつもりでコツコツ発信する!

もしあなたが自分の商品・サービスを知ってもらいたいくてブログを運営するのであれば、真剣に記事を書く必要があります

今日は、大阪に来ていまーす。
友達と一緒に大阪のたこ焼きを食べました。
やっぱり本場は凄いです。

こんな投稿は、不要という事です。

こんな投稿でもアクセスがガンガンあるのは、アメブロの市川海老蔵さんなどをはじめとする有名人くらいです。

 

うちは営業マンの変わりだと思ってブログの運営を頑張るわ…。

こんな話をしてくださった会社の社長さんがいらっしゃいます。

従業員も10名程度の会社ですから、全員が現場の仕事に関わっていてブログの運営に力を注げる状態ではありません。

それでも、社長さん自らが少しずつでも記事を真剣に書かれていきました。

会社のブログなので、個人的な余暇の過ごし方を書いた記事は、10%程度にし、商品やサービスに関連した情報の発信をコツコツとされています。

 

ブログは営業マンの変わりだから、自分がサボったら営業マンがサボったのと同じですね。

こんな事を言われていました。

そのくらい真剣に取り組んでいらっしゃるという事です。

 

ブログは毎日更新した方がいいって思い込んで無理をしていませんか?

ブログは毎日更新した方がいい!と言われます。

もちろん、毎日更新できる人は凄いなぁ…って感じるのですが、大切なのは更新の量ではなくて、

発信した情報がどれだけの人に活かされるか!

って事です。

10回更新したとしても、それが誰にも活かされない情報であれば、全く意味がないという事です。

例え1回しか更新できなくても、誰かに活かされる情報であれば、10回更新よりも価値があるという事です。

だから、何がなんでも毎日更新!とせずに、毎日少しずつ丁寧に書いて質のいい記事を1週間に1本でもあげる!と決めた方が有益です。

 

例えば、セミナーを行ったのであれば、その風景を記事にして興味をそそるようにしたい…

多くの人がそう思うでしょうが、セミナーをしました!という報告では、不十分です。

だって、その情報を受け取っても、後の祭ですから。

だから、セミナーをしたという情報を受け取って欲しいと思う人にとって何を伝えたら、役に立てるかなぁと考える事が大切です。

 

ちょっとした具体例を挙げてみます。

今日のWordPressの入門編のセミナーではこんな質問が出ました。

WordPressの魅力が極簡単な基本的な操作などが分かりましたが、きっと10記事も書くとネタが尽きてしまいそうです。そんな時にはどうしたらいいですか?
少しだけ抽象度をあげるというのも一つの方法です。
例えば、あなたがコーヒーに関するブログを運営していたとします。
コーヒー前の種類、煎り方、美味しい淹れ方を書き、ネタ切れになったのであれば、コーヒーを飲むとどんなに気分になるのか?考えてみるのも一つの方法です。
ホッとするとか、ちょっとした商談もリラックスしてできるようになるとか…。
こう考えると既に新しいネタが見つかったのではないでしょうか。

これからWordPressを始めよう!という入門編のセミナーにも関わらず、もういくつか記事を書いた状態まで想定してこんな質問まで出できました。

参加者のみなさんの熱さを感じました。

 

こうすると、セミナーをしましたー!っていうただの報告の記事も少し役に立つ記事に変わります。

この感覚をどの記事を書くにしても大切にしたいなぁっていつも思っています。

 

伊能忠敬の仕事の仕方とブログの運営は似ている!

伊能忠敬なんて名前を出すと硬い感じがしますが、小学校の歴史の勉強に出てくる人です。

17年もの歳月をかけて、全国を歩き周り測量の技術を用いて正しい日本地図を完成させた方です。

正確には、完成する前に伊能忠敬は亡くなってしまいましたが、完成間近だった地図はお弟子さんらの手によって完成させられました。

伊能忠敬が残した功績はもちろん凄いものではありますが、主に次の点から僕は学ぶべき事があるなぁって感じます。

  • 測量という地味な作業も丁寧に行った。
  • 測量をするための戦略を考えていた。
  • 果てしない作業だがやり続けた。

 

ブログの運営とそっくりだなぁと思います。

出来上がったブログは、パッと見た感じは、楽しそうで便利なものではありますが、制作している段階は地味です。

こうしてひたすら書き続けても、最初はアクセスなんてほとんどありません。

それでも、丁寧に作業を続けて来られたブログが素晴らしい成果を挙げ、忠敬のような存在になれるのだろう…そんな事を思います。

 

最初に、会社としてブログを運営すると伸びる傾向が強いというのは、仕事の意識があるから継続させる事ができ、顧客に会社として届ける情報だから、気遣いが自然と生まれやすいのです。

もちろん、個人で情報を発信をされている方も、ここをしっかりとされている方々もたくさんいらっしゃいます。

このあたりの事を念頭に入れて、これからあなたが出会う記事を見てください。

きっと、あなたに少しでもメリットを提供しようと記事が書かれているのを感じる事ができるはずです。

 

まとめ

  • パワーのあるブログは、記事を作成するのに時間・エネルギー・お金をかけているという事を知っておこう!
  • 検索エンジンからのアクセスを求めるなら、本気でコツコツ書かないと上位に表示されない。
  • どんな情報も読者にとってのメリットを考えるべし!
  • 伊能忠敬が凄いのは、技術×継続だ!ブログの運営と似ている。

 

当然と言えば当然の事を言いましたが、

やらなくても構わない事を継続する事は本当に難しい事かなぁと思います。

以前ピアノが弾けたら格好いいなぁって思ったけれど、練習を続ける事ができなかったなぁと思い出しています。

 

 

 

 

渋谷 浩一郎

教育現場が自分の思いと異なると感じ、退職。肩書きをなくして自分の価値を見失い、追究するためにBlogを始める。最近、シシトウガラシに超辛いものがあるからこそ、トウガラシ社会は豊かだと感じている。人も辛い人、マイルドな人…多様でありたい!というのが理念。現在は、メーカー・会社の情報発信やブランド化のプロデュースを手がけている。

渋谷 浩一郎をフォローする
こだわりライフ
スポンサーリンク
シェアしてくれたら喜びます!
ことば屋